アナフィラキシー ショックの症状!服用後2時間で始まった私の体験

アナフィラキシーショックの症状とは?

アナフィラキシーショック 症状

最近よく耳にするようになってきたアナフィラキシーショックとは?

タレントの叶美香さんが、アナフィラキシーショックで入院されたことがありましたね。

ちょうどあの頃、私もたぶんアナフィラキシーショックを起こしていました。

元々、風邪薬の薬や注射でアレルギー反応が出ることはありました。

でも、それは身体に広がった赤い湿疹みたいなもので、かゆくはありましたが命の危険を感じるようなものではありませんでした・・・

たまたま通っていた内科で、ひざ下に広がる湿疹を見つけた先生は急いで皮膚科の先生を呼んできてくれました。

(先生のお嬢さんですけど)

飲んだ薬などいろいろ聞かれたけど、結局どの成分が原因なのかははっきりとはわかりませんでした。

ただ、薬のアレルギーを持っていることだけはわかりました。

アナフィラキシーショック 症状

しかし、この湿疹やかゆみの症状も、実はアナフィラキシーらしいです。

私にはアナフィラキシーショックを引き起こす要因があったようですね。

アナフィラキシーの症状はかゆみだったり、湿疹だったり、息苦しさだったりと、人によってアレルギーの出方が違います。

かゆみはほっといてもたいしたことにはなりませんでしたが、とうとう私にも、死にかけるようなショック症状が起こりました。

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックの症状とは?

アナフィラキシーの症状はさまざまです。

  • 皮膚の症状:じんましん、赤み、かゆみなど
  • 呼吸器の症状:くしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなど
  • 粘膜の症状:目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなど
  • 消化器の症状:腹痛や嘔吐など
  • 循環器の症状:血圧低下など

アナフィラキシーとは、このような症状が複数の臓器にわたり全身に現れます。

私に現れた主な症状は息苦しさと嘔吐です。呼吸がしにくかったです。

急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」もあり、とても危険な状態といえます。

アナフィラキシーショックが現れる時間とは?

アナフィラキシーショック 症状

抗原に触れたり、あるいは食べたり飲んだりした数分~数時間後に症状が現れます。

目安として、ハチに刺された場合は数分から15分くらいで症状がでます。

食べ物は消化・吸収される時間があるので、食後30分から1時間くらいかかります。

原因は様々です。

よく聞く、蕎麦アレルギーなどもアナフィラキシーの要因のひとつでした。

親戚に蕎麦アレルギーの人がいるので、食事会などでは蕎麦は禁止なのです。

  • 食べ物:鶏卵、牛乳、小麦、そば、ピーナッツなど
  • 蜂毒:スズメバチ、アシナガバチなど
  • 薬物:ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛剤、抗てんかん薬、造影剤、ワクチンや麻酔薬、輸血など
  • ラテックス(天然ゴム):天然ゴム製品(医療用手袋・カテーテル・風船・避妊具・ゴム靴・ゴム草履)
  • 運動(運動誘発性アナフィラキシー):運動中、運動直後

アナフィラキシーショックの治療について

アナフィラキシーショック 症状

注意をしているつもりでも、うっかりアレルギーの食べ物を食べてしまうことがあります。

いただいたお饅頭がそば饅頭で、えらい目にあったとおばさんが話していました。

食物アレルギーの方は思わぬときにアナフィラキシーが起こることがあります。

もしものときはどうしたらいいのでしょうか?

アナフィラキシーのお薬

アナフィラキシーショック 症状

とにかく、アナフィラキシーショックを起こしたら、大きな病院へ搬送してもらいましょう。

症状が軽い場合の対処法として、軽い皮膚・粘膜症状の場合では抗ヒスタミン薬が使われます。

呼吸器症状には気管支拡張薬が使われます。

症状が重い場合は、経口副腎皮質ステロイド薬などの内服薬が用いられます。

これはお医者様にお任せするしかありませんが、ショック症状があらわれた場合には、速やかにアドレナリン自己注射薬(アナフィラキシー補助治療剤)を用いるという方法があります。

アナフィラキシーショック 症状

アレルギーがわかっている人は、緊急時にそなえてアドレナリン自己注射薬を常に携帯しておくと安心です。

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックの体験

元々アレルギーがあり、咳止めの注射などはお断りしています。

全身に赤い発疹がでますから。

今回、アナフィラキシーショックを起こした原因は抗生物質の錠剤でした。

アナフィラキシーショックの始まり

右目が変だなと気が付いたのは、ベランダから外を眺めていたときです。

ふっと気になり、片方ずつふさいで近くの日に当たっている建物を見ると、左目はすごくまぶしく感じるのに、右で見ると全くまぶしくないのです。

これは変だと思い、すぐに眼科へ行きました。

病気は白内障で軽いものだったのですが、進行するのみ、改善はしませんと言われて、すぐに手術の予約を入れました。

どうせ治らないなら、早めに手術をした方がいいから。

手術の2日前から抗生物質の投与がありました。

夕食後に飲むように言われていたので、でっかい粒(粒とはいえないような)の抗生物質を、大きくていやだなと思いつつ飲み下しました。

アナフィラキシーショック 発症

夕食後、椅子に座ってパソコンをいじっていたのですが、何となく鼻が詰まったようになり、息が苦しいのです。

鼻づまりがひどいと思い、耳鼻科の予約を入れるつもりでいました。

もう、洗濯を干したら寝ようと思って洗面所に行ったのですが、洗濯物を干す力が出ません。

そのまま布団に倒れるように横になりました。

抗生物質を服用してからおよそ2時間くらいたっていました。

自分でもようやく、これはただの鼻づまりではないと気が付き、さっき飲んだ抗生物質のせいかもと思い始めました。

アナフィラキシーショックの症状

だんだんと息苦しさがひどくなっていき、いつの間にか肩で息をしているような状態になっていました。

そういえば、腕や脚がしびれたようになり、けいれんもしばしば起こります。

顔もなんだか変。

口の端がぴくぴくして、片方が引っ張られるようになっています。

ここでやっと家族を呼んで、口が曲がってない?と悠長なことを言いながら、さっき飲んだ抗生物質のせいだと思うと伝えました。

眼科の病院は大きな病院で、何かあったらすぐに連絡をくださいと言われていたのですが、夜も遅い時間だったので連絡がつきません。

翌朝電話で伝えることにして、様子をみることに。

家族から救急車の提案が出ましたが、根がケチな私は診療費をケチって、いいよ、しばらく様子を見ると言っています。(ほんとバカですね)

アナフィラキシーショックの結果

横になっていましたが、息苦しさとけいれんでつらかったです。

なんだ、このけいれんは…とか、息が苦しいわ…とか。

そのうち、吐き気がしてきました。

頭痛は全くなくて、吐き気のみ。

フラフラとトイレに行き、胃の中の抗生物質を吐くことができました。

吐きながら、これで何とかなるかもと冷静に考えていました。

布団に戻って横になっていると、思った通り少しずつ息苦しさは減っていき、しびれのようなけいれんが治まってきました。

家族には吐いたこと、楽になったことを伝えて、ちょっとほっとしました。

元々、体は丈夫な方ですが、吐いたら楽になったのはありがたかったです。

顔ゆがんでない?と家族に聞いたら、まだ少し変だといわれました。

ここまで、服用後3時間くらいです。

異物が入ったら吐くという体の機能はすごいですね。

吐き気に助けられました。

吐かなかったら、意識不明で救急車に乗ったことでしょう。

クリニックへの電話

翌朝、一番に眼科に電話しました。

息苦しくなり、吐いたことを伝えるとしばらくお待ちくださいと言われて、待たされました。

改めて電話口に出てきた看護師さんの指示は、残りの抗生物質は飲まずに、明日病院へ予定通りに来て下さい、というものでした。

予定とは手術の予定です。

私の息苦しさは何なのかの説明もなく、あっさりしたものです。

残りの薬など、だれが飲みますか!

と、ちょとあきれました。

でも、その病院は眼科では優秀な病院なので、ここはおとなしく手術をしてもらうことに。

クリニックの対応

何事もなかったかのような看護師さんの対応。

普通に手術の準備をしてもらいましたが、一言だけ「この抗生物質は大丈夫ですから、これを今から2錠飲んでください。」と言われました。

抗生物質がダメだったこと、わかっているじゃありませんか!

あの、忌まわしいほどでかい抗生物質と違い、今度の抗生物質は小粒の飲みやすいものでした。

特にけいれんもなく、無事に手術が終わりました。

今後の注意

おかげさまで、いきなり視力まで回復して白内障の手術は成功しました。

それにしても、アレルギーが出た患者への対応はもう少し丁寧でもいいんじゃないのと、疑問です。

確かに、あのでっかい抗生物質を飲んで、アレルギー反応が現れる人は少数なのでしょう。

毎日白内障の手術を何人もやっているような大きな病院ですから。

私の体質と思い、病院を責めても仕方がないので、自分自身の身は自分で守らなければならないと感じました。

アレルギー対策として、抗生物質(特にでっかい抗生物質)には気をつけよう、が新たに加わりました。

運よく、吐くことでアレルギーが治まりましたが、みなさんはこんなことになったら、医療費をケチったりしないで、早めに病院へ行ってください。

家族が病気になったらすぐに病院へ行くのに、自分のことは本当に後回しにしてしまいます。

貧乏性というのでしょうね。

アナフィラキシーショック 症状 まとめ

アナフィラキシー ショックの症状はさまざまです。

私の体験は運がよかった体験です。

友人は出産後に出された病院食のサバに当たって、意識不明になり生死をさまよったと言っていました。

運よく、入院中でしたのですぐに処置をしていただいたそうですが、アナフィラキシーショックはいつ来るかわかりません。

私のように、グズグズと病院に行くのを先延ばしにしてはダメでしょう。

アナフィラキシーショックかもしれないと直感したら、迷わず救急車に乗ることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。