太宰府天満宮 曲水の宴に行ってきました!観覧と撮影のコツ教えます!

太宰府天満宮 曲水の宴です。

太宰府天満宮 曲水の宴

3月の第一日曜日に、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で「曲水の宴」が執り行われます

以前から、曲水の宴を見たいと思っていたのですが、なかなかチャンスがなくて、見逃していました。

夕方、テレビのニュースで知り、「今日は曲水の宴があったんだ・・・観たかったなぁ・・・」みたいな感じです。

今年こそ見逃さないようにしたいと思い、日時を確かめて、気合を入れていました。

当日は天気にも恵まれて、とてもステキな曲水の宴を見ることができました。

行ってみないとわからないことがたくさんあります。

私の体験を踏まえて、上手な見学の仕方を教えちゃいますね~

スポンサーリンク

太宰府天満宮 曲水の宴とは?

太宰府天満宮 曲水の宴

そもそも、太宰府天満宮の曲水の宴とは?

「曲水の宴」は、平安時代の宮中行事を今に再現する禊祓(みそぎはらえ)の神事です。

十二単じゅうにひとえをまとった姫をはじめ、平安装束に身をつつんだ参宴者は、曲水の庭の上流より流れてくる酒盃が、ご自分の前を過ぎる前に和歌を作り、お酒をいただくという雅(みやび)な神事です。

太宰府天満宮は菅原道真が祀られる学問の神社です。

京都から太宰府に流された道真を追って飛んだ梅の花が落ちて大木になったという『飛梅』の伝説の神社。

本殿の右横には「飛梅」があります。白梅です。

左には紅梅があります。

太宰府天満宮 曲水の宴

太宰府天満宮 曲水の宴

飛梅をはじめ、梅が有名な太宰府天満宮には多くの種類の梅があり、1月終わりから3月はじめまで楽しむことが出来ます。

当然お土産は「梅が枝餅」です。

焼きたてはまわりがカリッとしていて、香ばしいです。

中のあんこも甘さもほどほど、おいしいですよ~

太宰府天満宮 曲水の宴

現在の曲水の宴は、平安装束をまとった人たちがしずしずと行列をしながら、ご本殿を参拝します。

今年は博多座で歌舞伎の襲名披露が予定されていて、市川染五郎改め、10代目松本幸四郎さんが、平安装束をまとって行列に参加されていました。

メチャクチャ、男前でした~

和歌は、松本幸四郎さんの歌が一番に詠まれていました。

太宰府天満宮 曲水の宴

スポンサーリンク

太宰府天満宮 曲水の宴の観覧のコツ

初めての曲水の宴で、いったいどうしたらいいのかわからなかったので、とりあえず早めに行きました。

11:00から観覧席に入場予定だったので、10:30には着くように行ったのですが、そんなに早くはなかったです。

行ったらすでに大行列!

太宰府天満宮 曲水の宴

最後尾の看板のところに急いで行って並びました。

待ち時間は30分なのでつらくはないのですが、何しろ春の陽気で暑くて・・・

紫外線がきつかったです。

太宰府天満宮には曲水の宴を行う専用の曲水の庭と言うものがあります。

文字通り曲水川が流れています。

太宰府天満宮 曲水の宴

当日は1,100席設けられていて、曲水の庭の前に階段式のやぐらが組まれていていました。

できるだけいい席に座りたいのが人情です。

どのあたりがいい席なのか、どこで何が行われるのかもよくわからず、とりあえず端っこですが一番前の席に着席できました。

太宰府天満宮 曲水の宴

曲水の庭が見下ろせて、全体像は見えました。後ろの方は多分見えにくいでしょうね。

前の席でも、梅の花に隠れて、全体は見えません。

太宰府天満宮 曲水の宴

見どころは「白拍子の舞(しらびょうしのまい)」と神楽舞「飛梅の舞」です。

雅な雅楽(生演奏)で舞が踊られます。

そのあと、いよいよ「盃の儀(和歌朗詠)」です。

古代では即興で作り、水の流れに乗って杯が通り過ぎる前に詩歌を詠めなかったら、「罰杯です。さあ一杯飲んでください。」となります。

詠めたら、「お見事です、さあ一杯。」となります。

詠めても、詠めなくても、お酒は飲まされます。

平安貴族の社交の場だったのですね。

太宰府天満宮 曲水の宴

十二単を着たお姫様役の雅な女性も、和歌をしたためたあとは、盃のお酒を飲むそぶりをしていました。

本当に飲んでいたのかどうかはわかりません。

曲水の宴は13:00から始まり、終わるのが15:00頃です。

雅な方々は「終納の儀」で社務所へ参進されます。

私は混雑を避けて、早めに階段を下りて本殿にお参りにいきました。

太宰府天満宮 曲水の宴の撮影のコツ

望遠レンズの付いたカメラだと、しっかりと撮影できると思います。

私は一番前でしたが、人物が小さくなりうまく撮れていません。

できるだけ前の方で、望遠レンズで撮るとうまくいきます。

太宰府天満宮 曲水の宴

太宰府天満宮 曲水の宴

太宰府天満宮 曲水の宴

太宰府天満宮 曲水の宴

それから、これは偶然だったのですが、社務所へ参進される雅(みやび)な方々の行列に出会えました。

遠くからしか見えなかった松本幸四郎さんが、目の前を通って行かれました。

本当に、たまたまです。

ラッキーなシャッターチャンスでした。

社務所の前でみなさんで記念撮影が始まったので私は帰りましたが、もし行列を近くで撮影したかったら、「終納の儀」で社務所へ参進されるときがおすすめです。

社務所を出発されて、曲水の庭に来られるときは、沿道は人だかりでメチャクチャ込んでいます。

写真もなかなか撮れないと思います。

ところが、「終納の儀」で社務所へ参進されるときは見学の方が帰られた後なので、人が少なくて、余裕で撮影できました。

撮影のチャンスは曲水の宴が終わった後にもありました。

松本幸四郎さんをまじかで見られてうれしかったです~男前!!

途中でカメラが壊れるというアクシデントがあり、スマホのカメラになりましたが、バッチリ幸四郎さんが写っていて「やった~」です。

太宰府天満宮 曲水の宴

太宰府天満宮 曲水の宴 まとめ

初めて太宰府天満宮の曲水の宴を見学できました。

13:00から始まる曲水の宴に、10:30から並んで待ちました。

待ち時間のために、本などを持参するのをおすすめします。

スチールのイスなので、おしりが痛かったです。

100均の折り畳み座布団を持参されるといいと思いますよ。

お天気にも恵まれて、いい曲水の宴でした。

雨だと文書館内で執り行われるため、観覧が制限されるそうです。

大宰府天満宮の観光はこちら

楽天はこちら

じゃらんはこちら

旅行関連記事

おわら風の盆の日程・宿泊・アクセスのコツ!幻想的な世界を味わって!

博多祇園山笠の日程と楽しみ方!ユネスコ登録された博多祇園山笠とは?

どんたく前夜祭の整理券を手に入れる方法!来んしゃい!見んしゃい!踊りんしゃい!

相島とはフェリーで行く猫の島!行き方とおすすめの宿泊施設の紹介!

博多にわかのネタの作り方!お面をつけてやると…余興でウケます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。