崩れにくいファンデーション探してます!HAKU薬用美白美液ファンデのおすすめ

崩れにくいファンデーション

崩れにくいファンデーションを探しているなら・・・

ファンデーションが崩れるのは夏だけじゃありません。
オールシーズン使えて崩れにくく、美白もできる美容液ファンデーションを紹介しますね。

それは、資生堂 HAKU(ハク)の薬用 美白美容液ファンデーションです。

HAKU(ハク)の薬用 美白美容液ファンデを使って、薄く伸ばしてメイクをしてください。
明るく透明感のある肌に仕上がり、化粧崩れしにくいんです。

HAKUの美白美容液ファンデの魅力は美白だけじゃなかったんですね!

スポンサーリンク

崩れにくいファンデーション探してます!

崩れにくいファンデーション

夏のメイクの悩みは化粧崩れをしてしまうこと。
汗や皮脂でメイクがドロドロになった経験、ありませんか?

実は私も、化粧崩れしにくいファンデーションを探していました。

イチオシは「HAKU 薬用 美白美容液ファンデ」です。
(SPF30 PA+++)

資生堂の「HAKU 薬用 美白美容液ファンデ」は、美白を叶えてくれる美容液ファンデーションなのですが、なんと化粧崩れもしにくいという特長があります。

薬用 美白 美容液HAKU メラノフォーカスv(医薬部外品)と一緒に使えば、シミをカバーしながら、さらに効果のある美白ケアが期待できるんです。

美白を期待して「HAKU薬用美白美容液ファンデ」を使っていますが、厚塗り感が全くない透明感にすっかりハマっています。

HAKUはカバー力、崩れにくさ、伸び、仕上がりの美しさが特長!
スッと伸ばしてつけると、透明感があり素肌っぽく見えます。

時間が経っても崩れにくいのが特長です。
だから、汗をかいてもドロドロにはなりませんよ。

資生堂 HAKU 薬用 美白美容液ファンデ オークル10(30g)

haku ファンデーションで美白

崩れにくいファンデーション

私は、日中にシミが悪くなると感じながらも、朝や日中は美白ケアができないとあきらめていたんです。

日焼け止めやファンデーションでシミから肌を守ったり、シミを隠したりするだけでした。
紫外線ダメージの美白ケアは夜にやっていたんですね。

hakuは「守る・隠す」しかないと思われている日中に美白ケアができるという、新しい考えの美白美容液ファンデなんですよ。

「HAKU薬用 美白美容液ファンデ」(医薬部外品)は、日中も本格的な美白ケアができます。

美白ケアのポイントはメラノフォーカスV(美白美容液)にも配合されている美白有効成分「4MSK」です。

Hakuのつけ心地はとてもなじみがよくて、なめらかに広がります。

シミの気にならない、明るく透明感のある肌に仕上がるポイントは、Hakuがシミや色ムラを目立たせない、「ファインレッドパール」を配合していることです。

ファインレッドパールとは?

ファインレッドパールは、赤色を効果的に反射させる機能を持っています。
シミのある部分の色が濃ければ濃いほど、足りない赤色の光を補充するので、シミ部分とそうでない部分の色の差を最小限に抑えてくれます。

hakuの使い方は?

崩れにくいファンデーション

スキンケアで肌を整えた後、指先にパール粒1コ分をとり、顔の5カ所(両ほお、額、鼻、あご)におき、顔全体になじませます。

とくに、紫外線の影響をうけやすい頬や、特にカバーしたい部分には少量をとって、軽くぼかすようになじませてください。

使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られないことも!
適量を守って、紫外線から肌を守りましょう。

紫外線がきつい時期には、紫外線防御効果のある化粧下地などを一緒に使ってくださいね。
効果が高まります。

リキッドファンデーションの塗り方【ブラシ】

崩れにくいファンデーション

「HAKU 薬用 美白美容液ファンデ」はブラシを使って塗ると、特に崩れが少なく仕上がります。
ぜひ、ブラシ使いをお試しくださいね。

リキッドファンデには、コシがあって先端が薄いブラシがおすすめです。

塗り方をマスターして、みずみずしいツヤ肌に仕上げましょう。

(1)下地を塗ったら、約7mmパール粒大のファンデーションを手の甲にとります。
ブラシの毛先に1/3くらいの量を含ませます。

(2)頬の中心から外側に向けて、下へと少しずつずらしながら、軽い力で塗っていきます。
口元からあごまでなじませて目の下部分に塗ったら、顔の反対側も同様に塗ります。

崩れにくいファンデーション

(3)ブラシにファンデーションを少量足して、眉間から生え際に向けてブラシを動かしながら塗っていきます。

崩れにくいファンデーション

(4)ブラシに残ったファンデーションを、ブラシの毛先で小鼻周りに薄く塗ります。

(5)ブラシに残ったファンデーションを、上まぶたの目頭から目尻に向けて薄く塗ります。

崩れにくいファンデーション

(6)さらに下まぶたのキワに薄く塗ります。

崩れにくいファンデーション

(7)ムラがある部分は毛先でよくなじませてください。

(8)最後にスポンジで押さえて密着感を高めましょう。

スポンサーリンク

haku ファンデーションの色

崩れにくいファンデーション

HAKUのカラーバリエーション

ファンデーションの色を決めるとき、顔と首の境目につけて、色味を確かめてください。

hakuのカラーバリエーションはオークル系が中心です。

日本人にはオークル系が似合うので、「オークル系」なら失敗が少ないんですよ。
あとは、明るさを決めるだけですね。

私はオークル10にしました。

明るすぎることもなく、自然な肌色に仕上がるので気にいってます。

崩れにくいファンデーション

色が白い方は「ピンク系」もいいですが、日本人には難しいとも聞きました。

ピンクオークルなら、日本人にも合いやすいかも。

しかし、白浮きするのが怖いので、おすすめはやはりオークル系で!

hakuのファンデを購入するときに、私の肌の色とファンデの色があっているかどうかを、チェッカーでチェックしてもらいました。

結果はオークル10でバッチリあっているとの判定です。

崩れにくいファンデーション

皮脂が多いと、時間とともにファンデーションが黒くくすんでしまうことも!
脂性肌や夕方になるとくすみが気になる方は、ワントーン明るい色を選ぶのがコツです。

資生堂 HAKU 薬用 美白美容液ファンデ オークル10(30g)

haku ファンデの成分は?

hakuの成分は?

4MSK・・・メラノフォーカスV(美白美容液)にも配合されている美白有効成分

Vカット複合体・・・整肌・保護成分 (トルメンチラエキス、イチヤクソウエキス、グリセリン)

Sヒアルロン酸・・・保湿成分

シミができる肌に着目し、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。
さらに、ファンデーションでありながら美白美容液としての役割も果たすファンデーションです。

4MSK【よんえむえすけい】

サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。

酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制します。
さらに、シミ部位にある溜まったメラニンを排出する効果を持ちます。

4MSKは資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分です。

全成分
【オークル10の場合の成分】4-メトキシサリチル酸カリウム塩*,酢酸DL-α-トコフェロール*,エクトイン,ジオウエキス,イチヤクソウエキス,トルメンチラエキス,ユリエキス,塩酸グルコサミン,ルムプヤンエキス,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,ヨモギエキス(2),アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,精製水,デカメチルテトラシロキサン,メチルポリシロキサン,エタノール,濃グリセリン,ナイロン末,パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル,コハク酸ジ2-エチルヘキシル,PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン,ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体,ドデカメチルシクロヘキサシロキサン,セスキイソステアリン酸ソルビタン,トリメチルシロキシケイ酸,水酸化アルミニウム,ステアリン酸,ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト,軽質イソパラフィン,架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物,エデト酸三ナトリウム,1,3-ブチレングリコール,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,ジブチルヒドロキシトルエン,テトラデセン,クエン酸,クエン酸ナトリウム,d-δ-トコフェロール,ジプロピレングリコール,メチルハイドロジェンポリシロキサン,ピロ亜硫酸ナトリウム,酸化アルミニウム,フェノキシエタノール,酸化チタン,黄酸化鉄,ベンガラ,ベンガラ被覆雲母チタン,マイカ,硫酸バリウム,黒酸化鉄  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

haku メラノフォーカス vとは?

崩れにくいファンデーション

45g・10,000円

hakuメラノフォーカスvは、シミ予防科学の革新、薬用美白美容液です。

崩れにくいファンデーション

資生堂 HAKU メラノフォーカスV 45(45g)

美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)配合で、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことができます。

なめらかな美容液がピタッと肌に密着し、美白有効成分が肌のすみずみまで行きわたり、
透明感のある肌へ!

毎日の朝・夜に、化粧水で肌を整えてから使います。
ディスペンサー2回分を手のひらにとり、シミが気になる部分を中心に、顔全体にていねいになじませます。

口コミ

以前のタイプから合わせて6~7本リピートしています。
美白美容液はこれがあれば安心!という感じで、私には合っていました!
こっくりしたテクスチャーなので、保湿もしっかりしてくれています。
少し値段は高いのですが、それだけの効果はあり、使うようになってから肌診断をしてもらったところ肌年齢が若くなりました!
これから使っていきたい商品です。

崩れないメイク方法

崩れにくいファンデーション

メイクが崩れるという悩みは汗をかく季節につきものです。
できるだけ、メイクが崩れない方法を調べてみました。
キーワードは「汗」です。

まずは汗を止めてくれる薬用制汗クリームを使います。
一番簡単で、確実!

サラフェプラスで顔の制汗

崩れにくいファンデーション

絶対にメイク崩れをしたくないときには、皮脂を抑えるクリームを使います。
ローションだけよりメイク持ちが格段とよくなりますから。

汗でメイクが崩れてしまうときは心もくじけてしまいます。

サラフェプラスは顔汗を押さえてくれる薬用制汗クリームです。
顔汗をかかずに済むのでメイクがくずれませんよ。

サラフェプラスを使うと、一日中顔がサラサラで過ごせます。
サラフェプラスでメイク崩れを防ぎましょう。

使い方は簡単です。
朝の洗顔後に、化粧水のあとにつけてください。
伸びがよいクリームで、厚塗り感もありませんし、メイク崩れの心配がなくなります。

ベースメイクの手順

1. 洗顔
2. スキンケア(化粧水、乳液など)
3. サラフェプラス
4. 日焼け止め
5. 化粧下地
6. ファンデーション
7. フェイスパウダー

化粧下地とファンデーションをつけ過ぎないようにしてください。
問題の小鼻まわりは、頬に伸ばした残りを手で軽く付けるくらいで充分です。

サラフェプラスで押さえた汗は、他の汗腺から分散されて出ますので、心配いりません。

崩れにくいファンデーション

化粧下地にシルキーカバーオイルブロック

崩れにくいファンデーション

メイク崩れをしたくないときは、毛穴を埋めてくれるような下地をすり込んでメイクをすれば化粧崩れを避けることができます。

シルキーカバーオイルブロックはその名の通り、皮脂をブロックしてくれる下地です。

塗った途端に、肌がサラサラになるのが特長で、しっかり汗をブロックしてくれます。
これを使えば、まずうまくいきます。

シルキーカバーオイルブロックを使った場合、ファンデーションが浮いてなくても2時間おきくらいにあぶらとり紙やティッシュでおさえるのがコツですよ。

崩れにくいファンデーション

化粧崩れを防ぐ方法

崩れにくいファンデーション

化粧崩れを防ぎたかったら、基本的に保湿をしてください。

毛穴が開いているなら、洗顔後にローションパックを活用して、お肌に水分をたっぷり与えましょう。
そうすると毛穴が締まって、皮脂分泌が正常になります。

収れん化粧水を使う

崩れにくいファンデーション

朝の洗顔後に化粧水、乳液でお肌を整えたら、最後に収れん化粧水を使ってパッティングします。

収れん化粧水でパッティングをすると、引き締め効果と同時に肌の温度を下げる効果があるんです。
肌の温度を下げることで、皮脂の分泌を抑えることができます。

ピーリングや酵素洗顔料を使う

崩れにくいファンデーション

毛穴が詰まっていると、毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂と、古い角質とが混ざって角栓になります。

保湿がきちんとできていないと開いた毛穴は引き締まらずに、どんどん皮脂を出してきます。

毛穴の詰まりを改善するには、さっぱりタイプの洗顔せっけんで、皮脂をきちんと落とすのがコツです。

それでもざらついているようなら、毛穴の詰まりをとるために、週に1回くらいピーリングコスメや酵素洗顔料を使いましょう。

ピーリングコスメや酵素洗顔料は古い角質をはがれやすくして、分解してくれます。
なので、穏やかに毛穴の詰まりを取り去ることができます。

ピーリングは肌への刺激が強いと思われがちですが、AHA配合のミルクタイプやジェルタイプの洗い流すアイテムなら刺激が少ないので大丈夫です。

日々のお手入れで、皮脂だけでなく角質も落とすようなケアをしていると、詰まり毛穴を予防できます。

ピーリングをすると化粧崩れを防ぐだけでなくイチゴ鼻も治りますから、ピーリングはおすすめなんです。

スチーム洗顔

崩れにくいファンデーション

メイク前のスチーム洗顔も化粧崩れを防いでくれるのでおすすめです。

電子レンジで蒸しタオルを温めて顔を拭き、さっぱりさせたらいつも通りスキンケアをします。

最後に、小鼻の周りなど化粧崩れしやすい部分だけ、拭きとり系の化粧水でサッと拭きとります。
このひと手間が、小鼻をサラサラにしてくれます。

まとめ

汗をかく季節もちろん、冬でも暖房の効いた室内や電車で汗をかくことがあります。

オールシーズン使える「HAKU(ハク)薬用 美白美容液ファンデーション」はキレイなメイクができるうえに、美白までやってくれるスグレモノ!

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です