舌下免疫療法の副作用とは?アナフィラキシーショックに注意が必要!

舌下免疫療法の副作用とは?

舌下免疫療法 副作用

毎年花粉症の症状が重いため、舌下免疫療法を希望されている方や、ダニやスギ花粉の数値がとても高くて医師に舌下免疫療法をすすめられている方などが、気にされるのは副作用ですね。

舌下免疫療法は体質改善のためですが、シダトレンの服用だけでなく、その他にも一緒に花粉症の薬を飲む必要があるようです。

舌下免疫療法を始めた方は、突然薬漬けになったようで、長期治療に早くも心が折れそうになっていませんか?

継続して服用しても副作用はないのでしょうか?心配ですね。

舌下免疫療法では、シダトレンなどの舌下投与剤を数年間継続して服用し、初めて終生免疫が付きます。

長い道のりですので、副作用などをきちんと確認して、納得して治療を始めましょう。

スポンサーリンク

舌下免疫療法の副作用とは?

舌下免疫療法 副作用

舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)とは、アレルギーの原因物質(アレルゲン=花粉・ダニ)を少しずつ体内に吸収させて、アレルギー反応を弱めていく治療法です。

2014年にスギ花粉症に対する舌下免疫療法薬「シダトレンスギ花粉舌下液」が発売され、2015年にはダニに対する通年性アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法薬「ミティキュアダニ舌下錠」が発売されました。

通年性アレルギー性鼻炎とスギ花粉症の両方症状がある方は、両方同時期に服用することはできませんので、どちらを優先して行うかを決めなければなりません。

花粉症の舌下免疫療法の副作用

舌下免疫療法 副作用

舌下免疫療法は自宅で治療ができることと、以前から行われていた注射によるアレルゲン免疫療法に比べて副作用の発現率が低いため、今注目を集めています。

医療機関で充分な副作用対策を施したうえ、実施します。

花粉症の方は治療前に採血検査を実施します。

結果、スギの特異的IgEが上昇している人でスギ花粉の時期に症状が強い人が舌下免疫療法を受けることができます。

舌下免疫療法は、受けられる人にとっては夢のような治療法です。

舌下免疫療法の副作用

舌下免疫療法 副作用

重大な副作用としてアナフィラキシーがあります。

じんましんやおう吐、呼吸困難、ショック症状が見られるものですが、注射による舌下免疫療法に比べ少なくまれです。

その他の主な副作用は口内炎、舌の下や口の中の腫れ、喉や耳のかゆみです。

初めて舌下免疫療法を行った時は服用後30分間医療機関で待機し、診察を受けて特別に副作用などがない場合に帰宅となります。

副作用の多くは服用後30分以内に起こり、数10分で自然に治まります。

また1ヶ月くらい経過すると気にならなくなることが多いといわれています。

報告された副作用

①腹部症状(嘔吐、腹痛、下痢など)

②口内、口唇のかゆみ・浮腫、感覚の異常

③蕁麻疹

④喘息発作

⑤その他(耳のかゆみ、喉の炎症や違和感、くしゃみ、鼻みず、鼻詰まり、目のかゆみ、咳、喘息など)

副作用体験談

重度のスギ花粉症の為、舌下免疫療法による治療を始めました。

治療を始めて3週間が経つのですが、開始18日目の朝、舌の舌に薬を入れ2分後に飲み込んだ直後に舌の下全体がボコボコと腫れてしまいました。

食事や会話に影響があるほどでは無い為、我慢しておりましたが、翌日・翌翌日も腫れが残っている為、舌下投与を中止しています。

(口内炎や舌の下の腫れ、口の中の腫れなど)

スポンサーリンク

アナフィラキシー ショック体験

舌下免疫療法 副作用

舌下免疫療法の一つ前の治療法の注射による免疫療法では、アナフィラキシーショックなどの重篤な副作用の報告もあります。

舌下免疫療法では、臨床研究期間中には重篤な副作用は報告されていません。

しかし、今後まったく出ないということではありませんので、治療は慎重に進めてください。

アナフィラキシーショック(医薬品などに対する急性の過敏反応)になると、ジンマシンなどの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)などがみられます。

実は、私もアナフィラキシーショックになった体験があります。

原因は目の手術のために前々日から飲むように指示されていた抗生物質でした。

服用後1時間くらいで、息苦しさ、しびれ、痙攣、吐き気などの症状が起こりました。

幸い、嘔吐したおかげで徐々に回復していきましたが、息苦しさと痙攣、しびれは、もしかしたらこのまま死ぬ?と意識するほどの経験でした。

元々、アレルギーがあり、以前にも風邪薬でジンマシンが出たりしたことがあります。

舌下免疫療法では、今のところ重篤なアナフィラキシーショックの報告はないそうですが、心配な方はお医者様とよく相談して、治療を始められてください。

舌下免疫療法の体験

年々、花粉症の症状が重たくなってきた時に、かかりつけの担当医から花粉症の症状に根治の可能性がある治療法があり、新しく保険適用になったと紹介されたので、舌下免疫療法を試してみることにしました。

治療を始めてから約1年になりますが、おかげで現在は花粉症の症状がだいぶ改善しています。さらに続ければ完治しそうな状況までこぎつけました。

ちょうど、私が通っている内科でも舌下免疫療法に注目しており、治療ができるようになっていて良かったです。

体験した人のブログどおり、私も次第に症状が軽くなってきました。

どうやら私にはこの治療法が合っていたようです。

舌下免疫療法で鼻の通りが改善し眠れて、かゆみもなくなりました。

舌下免疫療法はとても簡単で、花粉症の症状がすぐに良くなってきました。

夜も鼻がつまり、息苦しくてなかなか寝つかれなかったのですが、鼻の通りがよくなって、ぐっくり眠りにつくことができるようになりましたし、目のかゆみ、涙がほとんどなくなりました。

くしゃみもなくなり、日々の生活が本当に楽になりました。

もっと早くから舌下免疫療法を試していれば良かったです。

花粉症の症状が少しでも軽くなれば、と思い治療の開始を決意したが、半年程度で薬もマスクもなしで花粉症の季節を乗り切れる様になったのはびっくりした。

まだ若干鼻水と粘膜らの痛みがあったのでもう少し続けてみたいと思う。

症状のひどい時は鼻づまりのため睡眠も充分に取れなくなっていたので、改善されて本当にうれしく思っています。

治療を始めて2年が過ぎましたが、かつてのそういった出来事が嘘のようで花粉の激しく飛ぶ日でも何事もなく過ごせております。

治療を始める前は、エバステル等のアレルギー鼻炎の薬を毎日欠かす事ができなかった。

治療を始めて7-8ヶ月後の杉花粉のシーズンには今まで耳鼻科でもらっていたエバステル等の薬は飲まずに過ごすことができました。

翌年、翌々年の杉花粉シーズンも、今までの薬は飲む必要がなくなり、薬の副作用を心配をする必要もなくなり、約3年治療を続けた現在はほとんど治ってるように感じます。

例年、薬を服用していても、ひどい鼻づまりがありましたが、今年は薬をほとんど使用しなくても軽い鼻づまりを感じる程度ですみました。

まだ治療をはじめて1年目ですが、かなりの改善効果を実感しました。

治療開始前は毎年2月中旬頃から鼻水、目のかゆみ、のどのかゆみに悩まされ、たいていゴールデンウィーク頃までの時期まで辛い状況が続いていましたが、治療を開始して初めてとなる今春は、自分が花粉症であることをしばしば忘れてしまうほどに症状が改善し、花粉症対策にと購入しておいたマスク、ローションティッシュ等をまったく使用しないままでシーズンを過ごすことができました。

舌下免疫療法の副作用 まとめ

もし、花粉症が治るならどんな治療も受けたい、と思われる方は多いでしょう。

花粉症で重篤な症状がある方にとって、舌下免疫療法は受けてみたい治療法だと思います。

治療期間は一見長いようですが、花粉症の対処療法で過ごす3年と、治療をしながら過ごす3年では、やはり治療をしながら過ごす3年には価値も魅力もあります。

勇気を出して、チャレンジするのはいかがでしょうか?

舌下免疫療法がやってもらえる耳鼻科を探して、治療を始めてみませんか?

医療機関の情報など、詳しい記事をこちらに書いていますので、参考にしてください。

舌下免疫療法の病院はこちら~東京・千葉・神奈川・埼玉・関東以外では…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。