花粉症の症状でのどが辛い方、喉のイガイガが気になる時の対策とは?

花粉症の症状 のどに現れる症状とは?

花粉症 症状 のど

花粉症の症状の代表はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、のどにも花粉症の症状が現れます。

花粉症の症状で、喉の痛みやかゆみでつらい時期を過ごされている方も多いです。

花粉症で喉の痛みやかゆみが起こる原因とはどのようなものでしょうか?

喉が痛くなったり、かゆくなったりした場合はどうすれば楽になるのでしょうか?

花粉症で喉の痛みやかゆみの症状が出た場合の対処法を調べました。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

花粉症の症状 のどに現れる症状とは?

花粉症 症状 のど

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみだけでも相当つらいのですが、のどまで痛痒くなってしまったとしても、掻くわけにもいきません。

花粉症で喉の痛みやかゆみが起こる原因とは?

花粉症 症状 のど

花粉症で喉の痛みやかゆみが起こる原因とはどのようなものでしょうか?

一般的には、花粉が原因で喉の粘膜が炎症を起こします。

花粉が体に入ると抗体ができますが、抗体が過剰に反応すると体の粘膜が炎症を起こして、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみとして現れます。

鼻と同じように喉も粘膜でおおわれているので、炎症を起こすことがあります。

また、花粉症で鼻が詰まると口呼吸になり、喉が乾燥しやすくなります。

乾燥すると細菌が繁殖しやすくなるので、炎症が起こることがあります。

また、花粉症歴が長いとアレルギー反応がひどくなり、鼻水や目のかゆみだけだったのに、今年は喉も痛い、という方もおられます。

炎症がひどくなり喉が腫れるとつらいので、早めに耳鼻科へ行きましょう。

対処法を医師と相談してください。

風邪をひくと、鼻水やのどの痛みなどの症状がでます。

風邪と花粉症の区別がつけづらく、風邪だと思っていたら花粉症だった、という場合もあります。

通常、風邪なら鼻水がサラサラから粘液質に変わり、回復していきますが、花粉症の場合、花粉の季節が終わるまで症状が続きます。

あまり長引くようなら、再度受診してみてください。

初めて花粉症を発症した場合など、気が付かないことがあります。

花粉症の症状 喉のイガイガ

花粉症 症状 のど

花粉症の症状で喉のイガイガが気になるときの対処法です。

喉がイガイガするときの対処法は「龍角散」や「消炎剤を含むトローチ」がおすすめです。

マスクは当然ですが、ネックウォーマーもいいですよ。

鼻うがいはおすすめです。

通販で、鼻うがいの器具を売っています。

私が買ったのは、ナサリン塩を溶かして使う注射器みたいなものです。

喉や鼻の奥の花粉を洗い流してくれます。

塩水なので、痛くありません。

花粉症 症状 のど

スポンサーリンク

花粉症の症状 のどが痛いとき

花粉症 症状 のど

鼻やのどの粘膜は乾燥しやすいので、炎症を起こす場合があります。

やはり、唾を飲み込むときが特に痛いですね。

粘膜が腫れると痛みが増します。

耳鼻科の飲み薬や点鼻薬に加え、うがい、加湿機の使用、マスク、喉スプレー、消炎剤を含むトローチ、のど飴、龍角散などがおすすめです。

あまりに喉が痛い場合は、対処療法ですがロキソニンなどの鎮痛薬を服用することをおすすめします。

適度な水分補給で喉の乾燥を防ぎます。

昔からいわれている、大根をすりおろしたものに蜂蜜と生姜汁を加えたものや飲み物に生姜汁を加えたものも効きます。

「喉が痛くなったらジンジャーティー」と言われる程、生姜は喉の痛みを和らげるのに効果的です

すりおろした生姜に熱湯・紅茶を入れて飲むのがいいですね。

味噌汁に生姜パウダーを入れるのもおすすめです。

喉の症状を感じたら、のど飴を舐めたりうがいをして、痛みや違和感をやわらげることは可能です。

できる限りの対策をしてみましょう。

花粉症対策をなんでもやってみる

花粉症は、花粉を吸わない、付着させないことが大事です。

  • 花粉がちらばらないように掃除をする
  • 窓は全開しない
  • 花粉のつきにくくなるスプレーを服にふる
  • マスクをする
  • 鼻うがいをする
  • 甜茶(てんちゃ)などを飲む
  • 洗濯物は室内干しにする
  • 花粉をはらってから家に入る(髪や服)
  • つるつるした服を着る
  • 花粉ガードのめがね(ゴーグル)をつける
  • 帽子をかぶる
  • お酒は控える
  • 加湿器で湿度をあげる
  • うがい薬(イソジン、アズノールなど)を使う
  • ヨーグルト食べる(免疫力を上げる)
  • 帰宅したらすぐに手や顔を洗う
  • 女性なら化粧をする
  • 花粉飛散時期は甘いものをとらない
  • 砂糖は黒糖を使う
  • 長めに睡眠時間を取る
  • 肉料理を控えて魚料理を増やす

テレビでやっていたのですが、花粉症を抑えるツボ(鎖骨)を親指の爪先で端から端まで上から叩きます。(左右5分間ずつやると良い)

花粉症が重いとかなり痛いそうです。

鎖骨の近くにはリンパ節が多く集まっており、血行が良くなる事が花粉症対策にいいらしいです。

花粉症の症状のど まとめ

まずは病院(耳鼻科)にいき花粉症かどうかを調べましょう。

ご自身が何のアレルギーを持っているのか、知っておくことも大切です。

放っておくとひどくなり、重症化する場合があります。

症状に合わせた薬及び抗アレルギー剤を処方されるはずです。

抗アレルギー剤は効き始めるのに2週間かかりますがよく効きます。

来年の対策として、花粉が飛び交う2週間くらい前に、医療機関で薬を処方してもらいましょう。

花粉症の症状が出る前に飲み始めると効果が高いそうです。

花粉症の症状はどれも辛いので、ご自身の免疫力を高める努力をしましょう。

花粉症の方は花粉の季節になったら規則正しい生活を心がけます。

暴飲暴食を避け、睡眠不足にならないように注意するだけでも免疫力は高められます。

毎年花粉症で困っているなら、舌下免疫療法がやってもらえる耳鼻科を探して、治療を始めてみませんか?

医療機関の情報など、詳しい記事をこちらに書いていますので、参考にしてください。

舌下免疫療法の病院はこちら~東京・千葉・神奈川・埼玉・関東以外では…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。