合宿免許が安い理由は?2月は人気ですぐ埋まる!早めに予約しよう!

合宿免許が安い!

合宿 免許 安い

合宿免許は通学で教習所に行くより絶対おトクです!最短14日から取得できて各種割引も充実しています。

2月は年間を通して一番人気の月です。春休みになったら免許を取りたい学生さんが多数。

割高なのに、予約ですぐにいっぱいになります。

希望の日程を確実に押さえるためには、入校希望日の2〜3ヶ月前には申込んでくださいね。

合宿免許は短期間で免許が取れて、費用も安いし、女性も安心のプランもあります。

人気の高い教習所や、人気の月は早めに押さえるのがコツです。

どうしてこんなに安くできるの??と疑問に思ったので早速調べてみました。

なるほどと、納得ですよ。


合宿 免許 安い

合宿 免許 安い

合宿免許が安い!

合宿免許は約2週間の間缶詰め状態で、学科から運転の実技などを集中して学べるため、時間・費用ともにお得です。

逆に、自動車学校が混雑する3月や5月の連休では、一般受講者は1日に実技で乗れる時間などが制限されてしまうことがあります。

これは、合宿免許の人を学校側が優先するからです。

合宿免許は、通学免許に比べてスピーディーに取れるのが最大の魅力です。

自分で空いた時間を探してスケジュールを立てるのではなく、教習所の予定に沿って進行しますので、集中して学習できます。

また合宿免許は宿泊費用が含まれているにもかかわらず、通学するよりも回転率がいいので、費用が安くなります。

短期間で安く免許が取れるので、学生をはじめとした若い方に人気があります。

免許合宿では学校のようにあらかじめ毎日の教習カリキュラムが決まっていて、集中的に学べます

これが、最短での卒業を可能にしている理由です。

通学だと、特に夏休みや春先などの混み合う時期は、教習を受けたくても思うように予約が取れないことも多いですよ。

合宿が始まる前は、もし他の人たち全員が同じ日に卒業できることになっているのに、自分1人だけ落ちたらどうしようと、心配になるかもしれません。

運転の技能試験は本当に難しいものです。

人には向き不向きがありますし、万が一不合格になっても、反省点を見直して前向きに挑戦してください。

合宿免許を延長する場合は、基本的には伸びた分の宿泊費用と検定料金が加算されます。

しかし、教習所によっては延長料金がかからないよう保証してくれるところもあります。

合宿免許に必要な費用は、講習料や検定料、食費、宿泊費を含めて20~25万円あたりが相場ですが、少し高くなっても延長料金がかからない保証が付いているところをおすすめします。

万が一不合格になっても安心です。

合宿免許が安い理由とは?

合宿 免許 安い

通常30万円近くする運転免許ですが、合宿免許なら、宿泊費も含まれるのになぜ20万円代で安く運転免許が取得できるのでしょうか?

逆な気がしますよね。

みなさん、疑問に思っておられると思います。

試験場は多くの職員や教官をかかえているうえ、車の維持費、建物の賃料(自社持ちなら固定資産税)水道光熱費などがすべて必要になります。

さらに、器材、特に教習車は使い回しを上手くしないと足りなくなったりするので、少し余分に持っておかなくてはなりません。

生徒数が多くても少なくても、その必要経費は変わりません。

教員に関して言えば、持ち時間がなくても、教員には出勤してもらわなければなりません。

生徒さんが来るか来ないかわからないけれど、教員には「生徒さんが来たら来てください」とは言えませんからね。

自由に教習できるようにしておくと、無駄が多くなります。

その無駄の部分は受講者(学生)に負担がいきます。

合宿免許の場合は車も教官も合宿所もすべてレンタルなので経費が安く済むんですね。

生徒が何人来るのかも、募集した時点でわかりますので、利益分岐点がかなり明確になります。

よって、経費が安く上がるので、受講費を安くしても儲かるという仕組みです。

合宿の場合は、最初から最後まで無駄なく人材も器材も使い回しが出来るので、コストを最小限に押さえることが出来ます。

スポンサーリンク

合宿免許が安いけど2月は?

合宿 免許 安い

2月は年間を通してもっとも合宿免許の申込みが多くなるシーズンです。

他の月と比べて2月は料金も割高となります。

しかし、あっという間に埋まってしまうため、早めに申し込まなければ希望の日時に受講できなくなります。

希望の日程を確実に押さえるには、入校希望日の2〜3ヶ月前には申込む必要があります。

避けたほうが無難な合宿所

教習の途中で辞めた場合に、「一度払った教習料金を返さない」といった契約になっているところは避けた方がいいですね。

教習の途中で辞めた場合、教習をしないで料金がまるまる手に入ります。

そのため、教習生に気を使う必要がありません。

教習生にたいして暴言をはいたり、侮辱したりといったことが起きやすくなりそうです。

一応は返金すると書いてあっても、契約書に返金の公式 ( 例・ 受けていない技能講習時間×5000円-20000円=返金額 )といったことが明記されていない場合も気をつけた方がいいです。

なんだかんだと理由をつけて、お金がほとんど返ってこない場合が多いからです。

3~5人くらいが一部屋に詰め込まれる相部屋はトラブルが起こりやすいので、合宿の場合は、シングルプラン(一人部屋)のところを おすすめします。

追加補習料金を取っているところは避けた方がいいでしょう。

教官を選べない(指名制ではない)ところやアンケートをとらないところも要注意です。

お客の声が届きません。これは企業としては致命的です。

合宿免許が安い まとめ

2月は年間を通してもっとも合宿免許の申込みが多くなるシーズンです。

希望の日程を確実に押さえるには、入校希望日の2〜3ヶ月前には申込む必要があります。

合宿免許は安いし、短期間で免許が取れるので大人気です。

早めに予約を入れることをおすすめします。

合宿免許はこちらから申し込めます。

合宿免許 関連記事

運転免許合宿は期間内で終われるの?格安の費用で最短希望【関東・関西】

合宿免許の持ち物は何を用意すればいい?おすすめはこちらのリストに!

合宿免許 おすすめの場所どこですか?【関東・関西】女性でも安心なのは?

車の免許を取る合宿の期間は何日?合宿免許を最短・最安で取る方法!

合宿免許の安い時期と時間割を教えて?卒業できない人はいるの?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です