長崎の出島で江戸へタイムスリップ観光!稲佐山ロープウェイと夜景も堪能!

出島 観光

出島は海に浮かんだ人工の島で、今でも長崎と橋でつながった扇型の島だと、私は勘違いしていました。
現代の地図で、いくら探しても扇型の島は見つかりません。
今は広く埋め立てられて、表門の橋はありますが、扇型の島は存在していませんでした。

1636年(寛永13年)に徳川幕府が長崎の町の岬の先端に、出島を作りました。
町の中で暮らしていたポルトガル人を収容して、貿易の掌握とキリスト教の広まりを防ぐためだったそうです。

今の出島はオランダ商館跡として、国指定史跡に指定されています
江戸時代にタイムスリップしたような建物が復元されていました。

明治には出島を内陸化したそうだから、扇形の島はとっくになくなっていたんですね。
残念。
しかし、2050年までに、再び海に浮かぶ出島が完成するらしいですよ。

とはいえ、出島には鎖国時代の復元建物もたくさんあり、歴史の勉強になりましたね。
学生時代は歴史が苦手だったので、とても新鮮なんです。

スポンサーリンク

出島を観光してきました

出島 観光

こちらは諫早湾です。

長崎は観光旅行で数回訪れているのですが、出島には行ったことがありませんでした。
なので、今回は出島の観光のために長崎に行って来ました。

出島は扇型の島だとばかり思って期待していたのですが、今は内陸化しています。

出島 観光

長崎は坂本龍馬が活躍した時代から、世界都市長崎だったんですね。
ポルトガル船が長崎に入港したのが1571年(元亀2年)だそう。

長崎は日本の最先端をいく都市で、江戸から多くの人が長崎を目指して来ていたんですね。
蘭学とか貿易とか。

長崎はすごかった!(歴史が苦手なので、いまさらですが・・・)

出島 観光

出島には幕末の建物も復元されています。
旧石倉(考古館)では、日本最初のプロシアの商社も入り、坂本龍馬たちの海援隊とも取引を行っていたそうです。

出島の復元建物

出島 観光

江戸時代へタイムスリップです。
案内の方は、江戸時代の服装でお客様をお出迎えです。

なるほど、刀はこう腰に差していたんですね。
テレビの時代劇では仰々しく刀を差していますが、実際はもっとくだけた雰囲気だったのかもしれません。

出島 観光

19世紀前半の出島のオランダ商館員の住居や貿易品を補完する土蔵、日本人役人の詰め所が復元されています。

明治期の洋風の建物は、現存する最古のプロテスタント神学校と、旧長崎内外クラブです。

旧長崎内外クラブは、1903年(明治36年)に、T・グラバーの息子「倉場富三郎」さんの尽力で、長崎の外国人と日本人の社交場として、建てられました。
世界遺産グラバー園の、T・グラバーさんには、息子さんがいたんですね。

出島 観光

シーボルトの娘さんは、「オランダおイネ」でしょ。
これは、テレビドラマからの情報ですけど。

表門の横にケンベル・ツュンベリー記念碑がありました。
シーボルトが残してくれたモニュメントです。

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島へのアクセス

出島 観光

JR長崎駅からの交通アクセスです。
長崎駅から路面電車に乗ると、簡単に出島まで行けます。
料金は130円でした。

路面電車

長崎駅前から「崇福寺行き」に乗車する。

●中央・表門メインゲート
3つ目の「出島」電停下車、徒歩4分

●西側・水門ゲート
3つ目の「出島」電停下車、徒歩1分

●東側・明治ゲート
4つ目の「新地中華街」電停下車、徒歩2分

路線バス

「長崎バス」

長崎駅前南口から「新地ターミナル行き」または「中央橋行き」(ただし、「本原」経由除く)に乗車し、「出島表門橋」または「中央橋」下車、徒歩1~2分

「長崎県営バス」
長崎駅前南口から「大波止」経由のバスに乗車し「出島表門橋」下車、徒歩1分

自動車

JR長崎駅から約6分「長崎自動車道長崎IC・ながさき出島道路」から約1分
※ 駐車場は付近の民間駐車場を利用

出島 入場料

出島 観光

入場料 個人 団体(15人以上)
一般 510円 410円
高校生 200円 120円
小・中学生 100円 60円

出島 開場時間

8:00~21:00(最終入場は閉場の20分前まで)

・年中無休
・ベビーカー、車いすの貸出あり

スポンサーリンク

稲佐山ロープウェイと夜景

福山雅治さんが、長崎の話をするときにはいつも「稲佐山」というから、一回行ってみたいと思っていました。

ロープウェイで、稲佐山展望台に行けます。
夜だと長崎の夜景が美しく、デートスポットだそうです。

長崎の若い人たちは、車で山に登るらしいですよ。
稲佐山は意外と小さな山で、長崎の夜景が一望できるから若い人たちには人気でしょう。

長崎の夜景がだんだん朝になっていく様子を撮影しました。

朝焼けが美しいでしょう。

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

出島 観光

長崎ロープウェイ 料金

大人 中高生 小児
往復 1,230円 920円 610円
片道 720円 510円 410円

営業時間:90::~22:00

駐車場:淵神駅内無料駐車場

夜景が見える稲佐山のホテル

出島 観光

稲佐山から見下ろす長崎の夜景は、新世界三大夜景のひとつだそうです。
それで、今回は夜景がよく見えるというホテルを予約しました。

長崎は平地が少ないので民家が山の上の方まで密集しています。

くねくねと曲がった山道を登っていくと、途中に民家やホテルがあります。
民家はたいてい階段で玄関までで行くように設計されていて、坂と階段の町だなぁという印象です。

出島 観光

私たちが予約したのは「ルークプラザホテル」です。
最上階の部屋で、長崎の夜景が一望でした。

他にも、夜景が見えるホテルとして、

  • 稲佐山観光ホテル
  • 長崎スカイホテル
  • ブルースカイホテル
  • 大江戸温泉物語長崎ホテル清風
  • ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

などが、中腹に点在していました。

ホテル清風は、安い料金とバイキングがウリの、今はやりのホテルですね。

夜明けには朝焼けが見られて、ラッキーでした。
台風が近づいているので、傘を持参してましからね。
天気にも恵まれて、ラッキー。
というか、暑かったです~

まとめ

2050年には出島が扇型になるらしいので、楽しみにしていましょう。
福山雅治さんが愛してやまない長崎と稲佐山に行けて、よかったです。

歴史は嫌いだったけど、きちんと学ぶと面白いですね。
今頃、ちょっと遅いですが、歴史の勉強をしてみましょうか。

長崎旅行の予約はこちらからどうぞ

楽天はこちら

じゃらんはこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です