玉川温泉の効能と不思議なパワーを体感!玉川の花湯で毎日湯治しています

玉川温泉 効能

末期がんの患者さんが全国から集まることで知られる玉川温泉。

その不思議なパワーによる奇跡を信じて、湯治、療養に専念する人々が後を絶ちません。

玉川温泉は岩盤浴発祥の地と言われています。
岩だらけの荒涼とした温泉地です。

ここを訪れる方の多くは、がんを発症し闘病中の人々で、玉川温泉の評判を聞きつけて訪れる湯治客は年間30万人にも上るとか。

その玉川温泉の不思議なパワーは「北投石」にあるんですね。

玉川温泉で湯治をすると、北投石による微量の天然ラジウム放射線効果で、本来備わっている自然治癒力(免疫力)が高まるのでしょうか。

スポンサーリンク

玉川温泉の効能

玉川温泉 効能

玉川温泉の適応症はたくさんあります。
しかし、適応には個人差があり万人共通ではありません。

自分の体の状態と相談して湯治を行うことが大切です。

人によって温泉療養をしない方がよい場合もありますので、湯治をする前にかかりつけの医師と相談することをおすすめします。

玉川温泉の効能

疲労回復
健康増進
体位向上
体質改善
神経痛
神経炎
各種神経麻痺
脊髄疾患
リウマチ
慢性関節炎
五十肩
脳出血後の半身不随
胃酸減少症
胃酸過多症
胃アトニー
性胃腸炎
胃及び内臓下垂症
自律神経失調症による消化機能障害
慢性肝胆道疾患
慢性胆委症患
慢性消化不良症
糖尿病
肥胖病
脚気
循環器疾患
各種動物性皮膚病
各種真菌性皮膚病
各種細菌性伝染性皮膚病
慢性湿疹
慢性蕁麻疹
紅皮症
神経性皮膚病
脂漏
多汗症
慢性皮膚炎
苔癬
乾癬
慢性骨膜骨髄炎
骨瘻
各種難治性創傷
褥創
下腿潰痔疾
関節硬直
突発性脱疽
貧血
慢性鼻咽喉気管支炎
慢性自家中毒症
小児ストロフルス
月経障害
不妊

玉川温泉の放射線

玉川温泉 効能

玉川温泉は、日本一の湧出量を誇る日本唯一の強酸性温泉です。

また、微量の天然ラジウム放射線効果のある温泉で、温泉入浴だけでなく岩盤浴による温熱効果もあります。

微量の天然ラジウム放射線効果で、元々人に備わっている自然治癒力が高まるのではないかと考えられています。

今風にいうと、免疫力が上がる、ということですね。

玉川温泉の岩盤浴

玉川温泉 効能

玉川温泉は、十和田湖八幡平国立公園内の秋田側にあります。

玉川温泉では、源泉周辺に簡易小屋やテントが立ち並び、湯治客が地面にゴザを敷いて、地熱に身を任せています。

まさしく、岩盤浴ですね。

玉川温泉 効能

地底から伝わるマグマの熱と、「北投石」から出る微量の放射線によって、体の芯から温まり、入浴と同じか、それ以上の効果が得られます。

玉川温泉の北投石とは?

北投石は玉川温泉の源泉の沈殿物によって生成された鉱物です。

ラジウムを含有しているので放射線を有し、ラジウムエマナチオン(ラドン)を放出します。

この北投石は台湾の北投温泉で発見されました。

なので、北投石と呼ばれていますが、学術的には鉛を含む硫酸バリウムで含鉛重晶石、学術名はホクトライトです。

北投石は1年で約0.2ミリほど成長をするといわれていて、10年で約2cm大きくなります。

玉川温泉 効能

大噴(おおぶき)から98度の高温の源泉が毎分9000リットル湧き出ていて、これが湯の川となって流れ出します。

この源泉の温度が下がるにつれて含まれている重鉱物が沈殿化して、川床(かわどこ)にある転石に付着します。

これが縞模様(しまもよう)に結晶化して堆積したものが北投石です。

北投石は昭和11年(1922年)に天然記念物に指定されています。

そして昭和27年(1952年)には、特別文化財として文部省より再指定されています。

玉川の花湯

玉川温泉 効能

「北投石」から放出される天然ラジウムは温泉療養としては最高レベルの効用があると、学術的にも認められているんです。

玉川温泉ならではの、不思議なパワーの秘密は「北投石」にあります。

放射線を発する「北投石」は薬石とも呼ばれていて、台湾の北投温泉と日本の玉川温泉にしか存在しません。

現在、天然記念物である「北投石」は許可なく採取ができないんですね。

「北投石」の組成や生成の過程を調査・研究したところ、玉川温泉の湯の花、つまり温泉成分の硫酸バリウムと鉛が層状に堆積してできたものとわかりました。

「玉川の花湯」は玉川温泉の湯の花を焼結させて、玉川湯の花鉱石をセラミックボールとして加工し、「北投石」の成分の96%を再現したものです。

(これに、遠赤外線セラミックボールと、マイナスイオンボールが配合されています。)

玉川温泉 効能

私は秋田の玉川温泉には行けないけれど、「玉川の花湯」で奇跡の玉川温泉を自宅のお風呂で再現しています。

玉川の花湯を浴槽に沈めたら、そこはもう玉川温泉なんですよね。

ラジウムから放出されるラドンガスとマイナスイオンが作用し、遠赤外線の効果も加わって、体が芯まで温まり、心身ともに癒されます。

お湯に溶け込んだラドンガスが湯気となり、呼吸器からも吸収されてラジウム効果が倍増します。

玉川温泉を自宅のお風呂で毎日体感できるんですよ。

玉川温泉は心も癒してくれます。

玉川の花湯 公式サイト
玉川温泉 効能

玉川の花湯の使い方

玉川温泉 効能

玉川温泉の湯の花から生まれた「玉川の花湯」の使い方です。

私は入浴するときに、浴槽に沈めています。

においも何もないので、普通のお風呂みたいですが、入浴すると温泉のお湯みたいに肌がツルツルする感じがありますね。

入浴後はタオルの上に置いて水を切ります。

すぐに乾くので、翌日は肩に乗せたり、腰に置いたりしてラジウム効果を狙っています。

お気軽に岩盤浴気分が味わえますよ。

「玉川の花湯」

● お風呂で使うときは、若干ぬるめのお湯の温度設定がグッドです。低めの湯加減でゆったりとくつろぎます。

● 入浴時にラドンガスを含んだ湯気が外へ発散しないように、浴室の窓や換気扇を閉じて使ってください。

● 玉川温泉のように、強酸性にはなりませんので、浴槽を傷めません。

● オフィスや自動車の椅子のクッション代わりに置いて座りながら使えます。

● 浴室以外で使うときは、ネットのまま乾燥させてから、カバーに入れて使ってください。


玉川温泉 効能

玉川温泉 効能

玉川温泉での湯治

玉川温泉 効能

湯治は3日で「一めぐり」、三めぐり(9~10日)が一般的で、十分に効果をあげるには2~3週間ぐらいが良いと言われています。

ただし、体質に合わない方もいるので初めての場合、まずは3日~7日程度の宿泊で様子をみてください。

玉川温泉では地獄谷に行き、岩盤浴を一回40分、一日2回を目安に行います。

そのあとはホテルで湯治をするという、岩盤浴と湯治を併用するのが一般的です。

このテント小屋での岩盤浴は地熱が安定しているので、そのままず~っと同じ格好をとっていると低温火傷をしてしまいます。

だから定期的に体の向きを変えて対応してくださいね。

また、冬場は非常に寒いので、地面にあたっている部分は温かくても地面に接していない部分は冷えます。

体にかける毛布や断熱シートは必ず持って行きましょう。

玉川温泉 ラジウムとラドン

玉川温泉 効能

玉川温泉はph(ペーハー)1.2と、日本一の強酸性の温泉で、温度は98度と高温です。

北投石は玉川温泉の源泉の沈殿物によって生成された鉱物で、ラジウムを含有しているので放射線を有し、ラジウムエマナチオン(ラドン)を放出します。

ラジウムとは?

岩盤などに含まれる元素で、原子番号88、元素記号はRa。
キュリー夫妻が発見したことで知られる。
4種類あり、半減期が最も長いのは226で約1600年。
ラジウムやラジウムから変化したラドンは放射線の一種であるアルファ線を出し、これを含む温泉は健康に効能があると言われているが、科学的な根拠ははっきりしていない。

ラドンとは?

ラドンは化学的不活性で無色・無味・無臭の自然発生する放射性ガスである。
ウラニウムの崩壊系列中のラジウムから生成され、世界中のあらゆる岩石および土壌の中から 検出されるが、その量は一定ではない。
ラドンガスは、地中から大気中へ容易に漏出し、 ラドン娘核種と呼ばれる短命な崩壊生成物を経て崩壊する。

スポンサーリンク

入浴の仕方と注意事項

入浴温度

温泉の入浴温度は3種類の温度に分けられます。

● 熱い湯(44~45度位)
● 日本人の好む平均湯温(42~43度位)
● ぬるい湯(40度以下)

入浴の注意点

神経痛・興奮しやすい人・心臓病・高度の動脈硬化・高血圧(200以上)などは、ぬるい湯に入浴することをおすすめします。

全身にかけ湯をすることは、脳貧血や血圧の急な変動を避けるためにも大切なことです。

「かけ湯」を行ってゆっくりと入浴しましょう。

入浴時間

食後2時間位たった頃や、休養して心身共に落ちついた頃に入浴しましょう。

空腹時、満腹時、飲酒後、身体が疲れている時などは、入浴を中止しましょう。

入浴の回数

初日は1日1~2回以内にしてください。

2日目は2回、3日目は3回、それ以降は1日3~4回としましょう。

温泉につかっている時間

温泉につかっている時間は、一般に3~5分間入浴し、3~5分間位休み、また3~5分間入浴するといった入り方がよいです。

出浴後の注意

出浴後は30~60分間位は湯ざめに注意しながら、安静にしてください。

さらに、皮膚のやわらかいところや陰部は真水の湯でよく洗った方が良いでしょう。

湯中り(ゆあたり)

全身倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、不眠、便秘など、多数の人に見受けられるようです。

比較的軽い場合は、1日の入浴回数を減らす、あるいは、1~2日間の休浴で簡単に治る場合が多いようです。

全身症状とか局所症状の場合は、湯中りではなく湯治により現れる生体の反応であるとして、むしろ温泉の効果を現わす、かえって好ましい兆光であるとさえ考えられています。

本当の「湯中り」とは、湯治により発熱、極端な食欲不振、疲労感などの症状が現れたり、リウマチ、神経痛などの病状が悪化した場合です。

もし、本当の意味の「湯中り」の場合は、直ちに入浴を中止して、医師に相談してください。

岩盤浴の際の持ち物

秋田の玉川温泉に行く際は何を持参したらいいのでしょうか?
みなさん、連泊で湯治をされますね。

湯治をされる、ベテランさんに聞きました。

敷物ですが、ナイロン製の物だと溶けるので、い草製のゴザや綿の敷物をおすすめします。

1枚だと熱くて寝ていられないので、2枚用意したらいいですよ。

い草の上にナイロン製を敷くなら、ナイロン製でも大丈夫だと思います。

敷物の他に羽織る物と枕変わりになる物を持参しましょう。

大判のバスタオルが羽織る物にも枕にもなるので、数枚持っていると便利かと思います。

寝袋を使ってもOKです。喉が乾くので飲み物を忘れずに持って行きます。

岩盤の熱さで直ぐにぬるくなるので、冷たいまま飲みたいのであれば、水筒に移し替えて持って行って下さい。

3つテントがありますが手前が1番ぬるいです。

また、岩が黒くなっている所が熱いので、お好みの所に寝てください。

服装は汚れても良い物を用意して下さい。

汚れるうえに、1度の洗濯では硫黄の匂いが取れません。

履物は途中から足場が悪くなるし、けっこう歩くのでスニーカーが良いです。

現地で分からないことは、なれてそうな方に聞くと親切にあれこれ教えてくれますよ。

自然のパワーを吸収して、存分に癒されて来てください。

玉川温泉 日帰り

日帰り入浴について

玉川温泉では、冬季の12月1日から4月の下旬までは、宿泊客のみの入浴で日帰りの一般客の入浴はできません。

新玉川温泉とぶなの森玉川温泉は、宿泊をしない一般客でも日帰り入浴ができます。

玉川温泉へのアクセス

玉川温泉 効能

秋田新幹線田沢湖駅から「玉川温泉」「八幡平頂上」行き羽後交通バス・秋北バスで約1時間20分です。

または花輪線八幡平駅から「新玉川温泉」行き秋北バスで約1時間、「玉川温泉」で下車します。

(八幡平発着は11月上旬~4月中旬運休)

玉川温泉へのアクセスで気をつけたいのは冬季です。

冬季の交通手段は路線バスのみになります。
しかも、冬季(12月から4月の下旬)は新玉川温泉までの運行です。

本数も少ないので、バスの時刻表の確認をしてください。

12月から4月の下旬までは国道341号線の田沢湖駅側から岩盤浴場に向かう道が二神館から通行止めになります。

鹿角花輪駅側から温泉に向かう道も澄川から通行止めです。

この期間は個人の車での乗り入れはできません。

通行止めのゲートは、路線バスが通る時間のみ開き一般の車両は入れません。

冬季(12月から4月の下旬)以外の期間は自家用車でもOKです。

玉川温泉

住所:〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖玉川渋黒沢国有林第3014林班ロ小班

交通アクセス:JR田沢湖駅前から路線バスで約70分。お車でお越しの場合盛岡IC~田沢湖経由で約100分。

駐車場:宿から5分

新玉川温泉

住所:〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖玉川

交通アクセス:カーナビを設定の場合、電話0187-58-3100でお願いします。

駐車場:有り(無料)

玉川温泉と玉川の花湯の口コミ

以前、秋田の玉川温泉の効能に関して、何となくですが、私の知人から話を聞いていて知ってはいました。

その方はリウマチを患っていて、テレビでがん、神経痛、リウマチ、アトピーなどあらゆる病に効果があるという玉川温泉のことを知り、湯治治療に行ったとの事。

とても良かったので、それ以来、毎年2~3回は療養をかねて、秋田までいっているそうです。

腰痛、坐骨神経痛などで病院通いをしている自分のために、(本当は温泉に行きたいのですが、今の私には長時間の旅はムリなので)玉川の花湯を思い切って購入しました。

まだ、1ヶ月くらいしか経っていませんが、少しずつ薄皮をはがすように痛みがなくなってきた感じ。

毎日が湯治気分で楽しんでます。

主人も汗がいっぱい出て温まる、と言って気にいって入浴しています。

私はとても冷え性でして、夜寝るときは靴下を履いていても足先はとても冷たく、腰痛、肩こりも慢性的にある状態でした。

そこで、玉川の花湯で腰痛を試したところ、一番驚いたのは湯上りあと、汗が大量に出て、足先がいつまでもポカポカしてまったく冷たくなりませんでした。

玉川の花湯 公式サイト
玉川温泉 効能

まとめ

本当は玉川温泉で岩盤浴をしたいのですが、遠いし、簡単には行けません。
なので、玉川の花湯で毎日温泉気分を味わっています。

不思議なパワーによる奇跡を信じて、自宅で心地よい至福のリラックスタイムです。

秋田の玉川温泉に行けなくても、玉川の花湯で毎日湯治できるんですよ。

北投石の奇跡を信じています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です