大掃除の順番を教えて!やる気を出すコツはありますか?

年末の大掃除の順番を教えて
大掃除 順番

年末の大掃除って・・・頭が痛い・・・
と思っているあなたへ

それ、私と同じです。
掃除が苦手な主婦は年一回の年末の大掃除に頭を悩ませます。

子供の頃の記憶では、父親が率先して畳を上げ、外に出してはほこりをパンパンとたたき出していました。

今どきのパパは仕事が休みの時に、率先して大掃除を手伝ってくれるでしょうか?
はなはだ疑問です。

私も若い頃は子供の面倒をみながら、一人で大掃除をしていました。
全然、できてない大掃除でしたね。
元々、苦手ですから。(何度もしつこくてすみません、笑)

掃除が苦手な人が大掃除に取り組むにはどうしたらいいのか、考えてみました。
まずは、掃除のやる気を出すことから始めなければなりませんね。

スポンサーリンク

大掃除の順番を教えて!

大掃除 順番

大掃除はどんな順番で掃除していけば効率がいいでしょうか?
「上から下へ」が掃除の基本なので、まず吊り戸棚や換気扇、冷蔵庫の上から始めましょう。

年末におせちを作ったりすると、早めに掃除をした換気扇は汚れますが、料理が終わったら、最後にもう一度油汚れ用のシートなどで軽く拭けば、きれいなキッチンでお正月を迎えられます。

トイレ、風呂、キッチン、ベランダの窓、いっぱいあってやる気がなかなか続きません。
一日で全部終わらせるのは無理なので、週末に少しずつやりましょう。

普段からこまめにやっていれば、年末だからといって慌てることはないのですが、それができたら悩みませんよね。

大掃除の順番の計画

大掃除 順番

大掃除は、一度にやると疲れます。
なので、11月の中頃から普段掃除していない場所を重点的に掃除し始めます。

毎日少しずつやっていけば楽なので、自分なりの計画を立ててカレンダーに書き込み、ひとつづつ完了したら消していきます。

〇 外回りから始めるなら、納戸や物入れを整理して、いらないものは捨てます。

〇 換気扇や冷蔵庫などは初めの頃にやって、達成感と安心感をゲットします。

〇 各部屋の掃除は早めに実施して、カーテンを洗ったり窓を拭きます。

〇 網戸掃除と窓掃除は一緒にやると効率的です。

〇 押し入れや棚を整理して、いらないものを捨てます。

〇 窓ガラスや食器棚のガラス戸、鏡台の鏡、風呂のくもった鏡などを早めにやると、達成感が味わえて、掃除が楽しくなります。

〇 洗面所やお風呂、トイレ、キッチンなどはできればピカピカの状態で新年を迎えたいので最後の方にします。

〇 玄関まわりは最後にやって、しめ飾りを飾りましょう。

これで終了です。

また、いろいろな掃除グッズが販売されているので、便利で使えそうなものはどんどん使っていきます。

我が家ではセスキ炭酸ソーダが活躍しています。

台所の油汚れは、セスキ炭酸ソーダを水で溶いてスプレー容器に入れたもので簡単に落ちますよ。

500mlに小さじ1杯の割合で溶かしてください。

(セスキ炭酸ソーダは弱酸性で手を荒らしません。)

スポンサーリンク

大掃除のやる気を出すには?

大掃除 順番

だいたい、普段から掃除はさぼり気味なので、さあ掃除をやろうと思ったら、たくさんやらなければならないことがあります。

カーテン洗い、窓拭き、家具拭き、換気扇、トイレ、風呂、玄関、各部屋・・・
いったい、どこから手をつけたらいいのかわからない・・・

あれもこれもと掃除するには、絶対に一日では終わりません。
掃除好きの主婦は少なくとも、11月の半ばには大掃除に取り掛かるらしいですね。
偉いなぁ・・・偉すぎます!

まずはやる気を起こさなければ!

どうしたらいいのかといいますと・・・
やる気を起こすには、まずどこか見た目をきれいにします。

例えば、難関の換気扇だけでも頑張って洗ってみると、油汚れが取れてピカピカになった換気扇まわりを、ずっと眺めていたくなるほどの達成感がわきます。

1か所きれいになると、ストレスがちょっと減ってやる気が出てきます。
どこかひとつだけでもすごくきれいにしてみてください。
ちょっとテンションあがって次の行動がしやすくなりますから。

または、今日はこの部屋のこの部分、明日はこの部分と、全部一緒にやろうとしないで、毎日ほんの少しずつやってみます。

「なんだ、意外と簡単だ。これならできる。」と自信がつきます。
そういう気持ちが大切だそうです。

毎日少しずつ積み重ねていくことによって、今より良くなっていきます。

具体的には、まず散らかった物を部屋の端から順番に、ひとつずつ置き場所を決めて片付けていきます。

置き場所を決めるということが大事で、一度片付けたら今度また散らかさないために、使い終わった後は必ず決めた置き場所に戻します。

ここで、めんどうくさくても頑張って自分が決めた置き場所に戻してください。

この習慣がつくと、部屋が散らかりません。

小さなお子さんでも、元に戻そうねと教えてあげると、将来片付け上手な子に成長しますよ。我が子の成長を楽しみにガンバロウ!

一つの小さな成功をつかむと、どんどん道が開けます。

毎日、一つだけ掃除、一つだけ片付けると繰り返して徐々にやりましょう。
掃除が苦手な方でもこの方法でやれば、なんとかなります。

はじめの一歩ですね。

大掃除をする順番 まとめ

掃除は上から下がやはり基本です。

年末の大掃除は大変ですが、鏡やガラス窓などをピカピカに磨きあげれば、達成感でやる気が起きます。

年末の大掃除は早めに取り掛かると余裕ができて楽です。

計画を立てて、ひとつづつ終わらせましょう。

大掃除 関連記事

セスキ炭酸ソーダで換気扇を掃除する方法とは?その作り方と使い方

窓ガラス掃除の簡単なやり方とは?重曹VSセスキ炭酸ソーダ

網戸掃除を簡単にする裏ワザ 重曹VSセスキ炭酸ソーダ

風呂のカビ掃除のおすすめの方法は?カビの取り方を教えてください

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。