犬もこたつが好きですね…でも白内障や脱水になるって本当ですか?

犬はこたつが好きですね。
犬 こたつ 好き

娘の飼い犬「ちょこ」(ロングコートチワワ・ブラック)はこたつが大好きです。
うちではちょこが来るまで、ずっと猫を飼っていました。

主人の実家が猫好きで、子供たちはたくさんの猫たちと一緒に大きくなりました。
複数匹の猫を同時に飼っていたので、人間の一家と猫の一家が同居しているような家でしたね。

ずっと猫と暮らしてきた娘が一人暮らしを始めたときに、ペット屋さんで見つけたロングコートチワワの「ちょこ」に一目ぼれ。

大反対を押し切り、娘は初めて犬を飼うことになりました。

猫は自由に暮らすので、トイレのしつけをするだけでOKですが、犬はそうはいきません。
ちゃんとしつけをしてあげないと!

娘はちょこを溺愛して、ちょこはこたつが大好きな犬に育ちました。

犬は雪が降ると走り回るものだとばかり思っていたら、そうではなかったですね。
ちょこは猫と同じようにこたつが大好きになりました。

過保護のちょこちゃんは、寒い時期はこたつが定位置です。
たまに娘の家に行くと、こたつの中はちょこの宝物でいっぱい。

たまには掃除をしなさいよ~

スポンサーリンク

犬はこたつが好きです

犬 こたつ 好き

犬はこたつが大好きですね。

娘の愛犬ちょこちゃんも、今まで好きなだけこたつに入っていました。

聞くところによると、目に悪いだの、脱水になるだの、低温やけどをするだのと言われています。

今まで好き放題させていたけれど、果たしてちょこちゃんは大丈夫なのでしょうか?
何らかの改善をすべきでしょうか?

犬がこたつに入ると白内障になりますか?

私も左目を白内障で手術してもらったから、目が悪くなっていく不便さはよくわかっています。

犬も白内障を患うんですね。

人間なら、きちんと手術をすれば、完璧に見えるようになりますが、ワンちゃんは犬だから、白内障の手術までしてもらえる子はあまりいないかも。

だから、白内障にならないように予防してあげたいですね。

よく、こたつにもぐってばかりいると、赤外線をまともに受け続けるから目に悪いとか、白内障になる可能性があるとかいわれています。

熱源が赤外線のコタツの場合は、網膜への影響があると考えられているようです。

白内障になる原因はいくつかありますが、遺伝だったり加齢によるものだったり。

犬種によって、白内障になりやすいこともあるようです。

白内障になりやすい犬種は?

コッカースパニエル
柴犬
トイプードル
キャバリア
マルチーズ
シーズー
ラブラドールレトリバー
ゴールデンレトリバー
ヨークシャテリア
フレンチブルドッグ
チワワ
ミニチュアシュナウザー
トイプードル

犬も年齢が上がると白内障にかかります。

人間だって、年を取ると白内障になりますもの。
私も、まさか自分が白内障になるなんて、夢にも思っていませんでした。

私は、ヘンだなぁと思って眼科に行ったら、あっさりと白内障だといわれました。

手術をするほどではないけれど、回復はしません、症状が進みますといわれて、それなら今スグ手術をしてもらおうということに。

悪くなるだけなのに、そのままで過ごすなんて嫌ですから。

ワンちゃんも白内障はつらいでしょう。
ひどくなると目が見えなくなるのですから。

眼科で手術を終えたばかりの女性が、迎えの夫らしい方に「どお?」と聞かれて、「見える、見える!」と大喜びされていましたからね。

とはいえ、こたつに入りっぱなしだからといって、みんながみんな白内障になるとは限りません。
原因の一つとして考えられているレベルなのですが、不安ならもぐりっぱなしは止めさせた方がいいのかも。

ちなみに、ちょこちゃんは高齢犬になっていますが、白内障ではありません。
こたつ大好きですけど。

スポンサーリンク

犬がこたつで脱水症状になる危険性

白内障も気をつけたい高齢犬の病気ですが、犬がこたつにもぐったままだと、脱水症状を起こす危険性があります。

人間だって、こたつで寝込むとのどがカラカラになりますでしょ。

こたつは暖かくて、気持ちよくて、すぐに眠たくなります。

冬になるとこたつで居眠りばかりするので、私はこたつを止めました。

こたつは大好きだけど、こたつに入ると動けなくなります。
だから、私は冬になってもこたつを出さなくなりました。

ワンちゃんは脱水状態になると、若い時ならフラフラしながら自分でこたつから出てきて水を飲みますが、老犬になるとそこのところもうまくできなくなるようです。

年老いたワンちゃんを飼っていらっしゃるなら気をつけてあげてください。

脱水症状は命の危険があるので気をつけてあげましょう。

また、命の危険はありませんが、基本的に室内で飼われている犬は春や秋頃の換毛期が多少ずれたり、年中抜け毛が多いなど、一般的な犬の特性が当てたまらない場合もあります。

こたつの弊害 犬の乾燥肌

こたつ大好きなちょこちゃんですが、ロングコートチワワなので基本寒さに弱いです。

大型犬なら本来寒さに強いのですが、飼育環境次第では、寒さに対する備えをしていない事があります。

つまり、犬だってこたつが大好きで甘やかされた環境だと寒さが嫌いになるということ。

しかし・・・

こたつ大好きで入りっぱなしだと、低温やけどをしたり、乾燥肌になったりするので注意が必要です。

犬は毛に覆われているため、人間と比べて肌の厚さは1/3程度しかないといわれています。
なので、乾燥には注意が必要です。

乾燥肌になるとフケや抜け毛が増えたりしますので、乾燥防止用のシャンプーをしてあげたり、ブラッシングなどのケアが必要になります。

しかし、こたつを弱にして長時間居させないようにすれば大きなトラブルにはならないと思われます。

小型犬の寒さ対策

犬 こたつ 好き

小型犬の寒さ対策におすすめのグッズがあります。

  • ドーム型ベッド
  • 犬のこたつ
  • 保温マット
  • 湯たんぽ

ドーム型ベッドはかわいい種類のものがたくさんあります。

犬のこたつ、保温マット、湯たんぽに関しては人間用で併用できますが、犬専用のこたつもなかなかよさそうです。
犬用なので人間は使えません、さいので。当たり前ですね。

犬や猫専用なので、小形で温度に配慮がなされています。

本格的な冬を迎え、長時間ワンちゃんに留守番をさせる場合など、犬専用のこたつをつけてあげておけば安心ですね。

犬はこたつが好き まとめ

娘の溺愛するロングコートチワワのちょこちゃんはこたつが大好き。
とても甘やかされて育てられました。

しつけは行き届いていませんが、幸せワンちゃんでしょう。

こたつの弊害が気になるなら、ドーム型ベッドや犬用のこたつで温かくしてあげたいですね。

結局、人も犬も寒さがつらく、こたつが大好きってこと。

防寒対策をしてあげましょう♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。