七夕飾りの作り方 折り紙でくす玉を作りたい!織姫 彦星とちょうちんも

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

七夕の季節に備えて、少しずつ七夕飾りを作り始めてみませんか?

子供たちは幼稚園や保育園で七夕飾りを作ってくることでしょうね。

おうちでも、子どもが喜ぶきれいな折り紙のくす玉を作ったら、きっとテンションが上がりますよ。

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

本物の笹の葉は乾燥しやすくクルクルと巻いてしまうので、花屋さんに相談して、七夕の日に合わせて笹を仕入れてもらいましょう。

本物の笹を手に入れるのは難しいという方は、100均で笹を購入してもOKです。

七夕の笹は楽天でも買えます。安心してください。

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

スポンサーリンク

七夕飾りの作り方 折り紙でくす玉を作りたい

くす玉の作り方です。

9センチ角の折り紙が36枚必要です。

パーツを36個作ります。

一度に作るのは大変なので、少しずつ折りためていきます。

パーツができ上ったら、糸とハリを用意してください。

リリヤンの房を付ける場合はリリヤンを50センチ×20本用意します。

パーツのつなぎ方はいろいろあります。

パーツの作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

パーツのつなぎ方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

くす玉の作り方

紐のつけ方

七夕飾りの折り紙・織姫 彦星

短冊に書く願い事は何にしますか?

元々は、織女(織り姫)が機織りの名人であることから、短冊にはお裁縫等、精進している稽古事の上達を願って書くものだったようです。

子供と一緒に、いろいろな願い事を書いてみましょう。

子供の意外な本音が見えて、楽しく、面白く、ホロッとさせられる場面もありますよ!

折り紙で作る織姫、彦星です。

七夕(たなばた)に織姫と彦星の折り紙を折って遊びましょう。

短冊や吹き流しと一緒に笹の葉に吊るしたり、たなばたさまの歌を歌いながらごっご遊びをしたり・・・

子供と一緒に作れる、簡単な織姫と彦星です。

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

織姫の折り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

織姫の折り方

織姫と彦星の折り方

こんなかわいい織姫・彦星もありますよ♪

笹の葉さらさら軒端(のきば)に揺れる♪

お星さまきらきら♪

金銀砂子(すなご)♪

軒端は屋根の下のところで、ひさしと呼ばれている部分です。

軒先(のきさき)で笹の葉が揺れている様子を表しています。

砂子とは金銀の箔を細かい粉にしたものです。

夜空の星を金銀の砂子に見立てています。

子供の頃は、すなごを「つなごう」と聞き間違えていて、金と銀を繋ぐのだとばかり思っていました。(笑)

夜空の星々を表していたのですね。

七夕飾りの折り紙・ちょうちん

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

ちょうちんの作り方

スポンサーリンク

あみかざり

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

あみかざりの作り方

丁寧にハサミを入れてください。

でき上りは、あっと驚く美しさです。

七夕まつり

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

笹の枝、笹の葉、星、吹き流し、短冊が全部できたら、おうちの壁にピン止めしてできあがり。

又は、針金ハンガーに下げても楽しいですね。

用意するものはコチラ

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

笹の枝の作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

笹の作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

一枚星の作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

十字吹き流しの作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

短冊の作り方

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉

七夕送り 飾りを取り外すのはいつ?

折り紙を折ったり、短冊に願いを書いて七夕を楽しんだあとは、飾り付けた笹はどうしたらいいのでしょうか?

昔は「七夕送り」といって、七夕飾りを海や川に流す風習がありました。

以前は本当に川に流していたそうですが、現在は環境問題があり、そんなことはできません。

では、どうすればいいのでしょうか?

七夕の流れ

七夕飾りは7月6日までに短冊に願い事を書いて飾ります。

7月7日の深夜(午前1時頃)に織姫と彦星が再会を果たします(ここはロマンチックに行きましょう)

そして7月7日中に笹を片付けます。

一説には、7日中に七夕飾りを片付けないと、せっかくの「願い事」が成就しないという話もありますよ。

地域によっては神社で七夕飾りをお炊き上げしてくれるところもあります。

しかし、近くにお炊き上げをしてくれる神社がなかったら、一般ごみに出します。

記念に七夕飾りをバックに子供さん達と一緒に写真に残し、短冊はアルバムなどに貼り付けて成長記録として残しておいてもいいでしょう。

七夕飾りの作り方 折り紙 くす玉 まとめ

七夕の飾りを子どもと一緒に作り、少しずつためておいて、7月6日の夜までに折り紙で作った飾りと願いことを書いた短冊を用意しましょう。

くす玉は難しいし、数もたくさんいるので、早めに取り掛かかるといいですよ。

織姫、彦星、ちょうちんなどは簡単なので、みんなでワイワイ作れば楽しいですね。

短冊にそれぞれの願い事を書いて、みんなで飾り付けをしてください。

七夕関連記事

七夕料理といえばこれでしょ!七夕そうめんのレシピ集と子供メニュー

七夕飾りの種類と意味を教えて!折り紙に込められた願いとは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。