端午の節句の食べ物には何があるの?お祝い料理と離乳食を作ります

端午の節句の食べ物には何があるのでしょうか?

端午の節句 食べ物

男の子が生まれたら、初節句に鎧兜を贈ったり、こいのぼりを立てたりしてお祝いします。

兜やこいのぼりをいただいたお礼に、両方の親を招いてお食事会を開くことがありますね。

今どきは、おもてなしの用意が大変なので、レストランを予約したり、デリバリーを利用したりと、そのご家庭の都合でいろいろなお祝いパターンがあります。

お料理好きなら、ここは頑張って端午の節句にちなんだお料理を用意してみませんか?

気持ちです。心を込めて作れば、愛は伝わります。

私の孫は遠方に住んでいるので、初節句には兜を贈りました。

遠いので、特にお祝いの席でお料理を一緒に食べるということはありませんでしたが、元気に育ってくれているので十分です。

スポンサーリンク

端午の節句の食べ物には何があるの?

端午の節句 食べ物

昔から5月5日の端午の節句には、男の子の成長を祝ってお祝いをします。

江戸時代以降の慣習ですが、男の子が無事に成長することを願う大切な行事になっています。

端午の節句の食べ物には、柏餅や粽(ちまき)があります。

柏餅は定番で、私も5月5日の端午の節句には和菓子屋さんやスーパーで購入して食べています。

柏餅のさらし餡が好きなので。

端午の節句ではブリやたけのこなど、縁起が良いといわれる食べ物がありますが、柏餅やちまち以外はあまりなじみがないという方も多いと思います。

端午の節句ならではの、縁起の良い食べ物をメニューに取り入れて、両方の親をお招きして、みんなでお祝いしてみるのはいかがでしょうか?

まだ、あまりものが食べられない赤ちゃんには、端午の節句の離乳食メニューを作ってあげましょう。

柏餅

端午の節句 食べ物

東日本で端午の節句に欠かせないのは「柏餅」です。

平たく丸めた上新粉のもちを二つに折り、あんこをはさんで柏の葉で包んだ和菓子です。

柏の葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちないところから、家系が途切れないという「子孫繁栄」の縁起をかついでいます。

粽(ちまき)

端午の節句 食べ物

近畿圏以西には柏の木が自生していないため、端午の節句には粽(ちまき)をもちいます。

今は、全国区で柏餅も粽(ちまき)も食べられています。

「ちまきを食べるのは、中国戦国時代の楚の詩人屈原の命日である5月5日に彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したため。」といわれています。

屈原の供養の日がやがて無病息災を祈る日となり、健康を願って食べるようになりました。

この風習が平安時代に日本へ伝わったことで、5月5日の節句は粽(ちまき)を食べるようになったそうですよ。

スポンサーリンク

端午の節句のお祝い料理は何がいいの?

端午の節句 食べ物

参照元:https://g.lets-gifu.com/

端午の節句といえば、柏餅や粽(ちまき)ですが、他には縁起物として、5月がちょうどおいしい食材も、端午の節句の料理に使われています。

  • 鯛の焼き物
  • 赤飯
  • 筍を使った料理(スクスク育って欲しいという願いを込めて)
  • 海老を使った料理(腰が曲がるまで長生きして欲しいという願いを込めて)
  • 蓮根を使った料理(先が見通せる良い人生を送って欲しいという願いを込めて)
  • 鰹・初鰹(勝男に通じる)
  • わかめ(若い目)と筍を一緒に煮物にする(若竹煮)
  • わらび(スクスクと育って欲しいという願いを込めて)

端午の節句のおもてなし料理

端午の節句に親を招待することになったら、端午の節句にちなんだおもてなし料理がおすすめです。

お赤飯やタイの尾頭付きに、柏餅や粽(ちまき)は定番ですね。

それに、お刺身やサラダなどを付けたりすればいいんですよ。

それから、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんがいるなら、ハンバーグをこいのぼりの形にしたり、兜に見立てたおにぎりを用意するのも楽しいですね。

酢飯を魚の形にして錦糸卵を全面に広げ、うろこを海苔などで描いて、ウズラのゆで卵を目にしたお寿司のこいのぼりを作ると、子どもが喜びます。

このように、お子さんのテンションが上がる料理を1品加えると、雰囲気が盛り上がります。

その他に、てんぷら、煮物、茶わん蒸し、はまぐりのお吸い物などもメニューに加えるといいですね。

端午の節句の料理で離乳食を作る

主役の赤ちゃんは、ご馳走を食べられません。

なので、赤ちゃん用に離乳食で端午の節句用にかわいい離乳食を作ってみましょう。

赤ちゃん用の離乳食・アンパンマン

端午の節句 食べ物

参照元:https://cookpad.com/

材料

じゃがいも 1 個

小松菜 少々

にんじん 少々

トマト 少々

かぼちゃ 少々

めばちまぐろ 少々

食パン 1/2枚

錦糸卵(黄色と白色を分けて作る) 1個分

紫芋パウダー 少々

海苔 少々

作り方

  1. こいのぼりは食パンで作ります。
  2. 星がカボチャで作ります。
  3. 竿はめばちまぐろとじゃが芋を混ぜてペースト状にして、ナイロン袋で絞り出して作ります。
  4. 兜は小松菜とジャガイモを混ぜてペースト状にして、こねて作ります。
  5. 鍬形は錦糸卵をカットしてのせます。
  6. アンパンマンの顔はジャガイモ、花と頬はニンジンとトマトとジャガイモを混ぜてペースト状にこねて作ります。
  7. ほほと鼻の光は卵の白い部分のみをカットしてのせます。
  8. 菖蒲の花は紫芋パウダーとジャガイモを混ぜて作ります。
  9. 花の黄色は錦糸卵、葉は兜のペーストで作ります。
  10. すべて描いたらいったんお皿ごと冷凍しておき、食べるときに5分間蒸します。
  11. そのあと、海苔をアンパンマンの目と口、こいのぼりの目にカットしてのせます。

こいのぼり離乳食

端午の節句 食べ物

参照元:https://cookpad.com/

材料

ごはん 少々

ほうれん草 少々

人参 少々

さつまいも 少々

チーズ 少々

海苔の佃煮 少々

作り方

  1. 緑の鯉・・・茹でたほうれん草を刻み、ご飯に混ぜます。
  2. オレンジの鯉・・・茹でた人参をすりおろしてご飯に混ぜます。
  3. それぞれのご飯を長方形に形成して、しっぽの部分をカットして作ります。
  4. チーズで目を作り、つくだ煮をのせて黒目にします。
  5. 竿は蒸したサツマイモをカットして置きます。

端午の節句の食べ物 まとめ

基本は柏餅と粽(ちまき)でしょう。

大人はご馳走を食べますが、主役の赤ちゃんは大人用のご飯では食べさせにくいので、離乳食で作るとかわいらしく、食べさせやすいです。

赤ちゃんも、離乳食でかわいい端午の節句のごちそうを作ってあげると完食してくれますよ。

おいしく食べて、端午の節句のお祝いをしてあげましょうね。

端午の節句 関連記事

端午の節句の菖蒲の飾り方は?菖蒲の花や由来、菖蒲湯(風呂)について

端午の節句の兜は誰が買うの?価格は?今はおしゃれな兜が人気です♪

端午の節句はいつから飾るの?兜はいつしまうのが正しいの?教えて!

端午の節句のおすすめちまきレシピ!ちまきの由来と食べる意味とは?

五月人形を処分する方法と時期を教えてください!無料でできますか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。