端午の節句はいつから飾るの?兜はいつしまうのが正しいの?教えて!

端午の節句とはいつのこと?

端午の節句 いつ

参照元:http://www.12danya.co.jp/t_5koi/sairyu.html

「端午の節句」とは今でいう「こどもの日」のことです。

男の子が生まれて初めて迎える5月5日は初節句といわれ、「端午の節句」としてお祝いをします。

こどもの日はうれしい国民の祝日です。

端午の節句である5月5日に制定されていて、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とされています。

端午の節句にはこいのぼりや兜、武者人形などを飾りますが、いつ頃から飾り、またいつまで飾ったらいいのでしょうか?

ひな祭りのひな人形は3月3日を過ぎると、すぐに片付けないとお嫁に行き遅れるといわれていて、さっさと片付けますが、端午の節句の飾りはどうなのでしょうか?

気になりますね。

いつから、いつごろまで飾るのものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

端午の節句とはいつのこと?

端午の節句 いつ

5月5日のこどもの日は、以前は端午の節句と呼ばれていました。

男の子がいる家庭では、兜やこいのぼりを飾ってお祝いします。(国民の祝日ですから)

昔から、端午の節句には菖蒲(しょうぶ)の葉やよもぎを軒にさして、厄払いをしていました。

柏餅やちまきを食べたり、菖蒲をお風呂に浮かべて「菖蒲湯」にして浸かったりします。

実際に菖蒲の葉には精油が含まれていて、お湯に浮かべると精油が皮膚に触れて刺激され、血の巡りがよくなります。

また、菖蒲の強い香りがアロマテラピーになり、リラックス効果もありますよ。

端午の節句はいつから鯉のぼりや兜を飾るのでしょうか?

端午の節句 いつ

端午の節句といえば、兜や五月人形を飾ったり、こいのぼりを立てたりします。

兜や五月人形をいつから飾るかは特に決まってはいないのですが、所説あるようです。

初節句では3月20日春分の日を過ぎた頃から、五月人形のような「内飾り」を飾り始めます。

鯉のぼりのような「外飾り」は、4月上旬頃に出すことが多いようです。

直前や当日に五月人形を飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いといわれています。

家族が集まる場所に飾って、季節感を楽しみましょう。

1週間前くらいから飾る

兜や五月人形をできるだけ早く飾るという地域や、1週間前くらいから飾るという地域もあります。

「お節句の10日前から20日前に、遅くとも1週間前には飾りましょう。」

春分の日が終わってから飾る

一般的には、春分の日が終わってから飾り始めるという地域が多いようです。

4月初旬から中旬くらいに飾るといいようです。

4月の最初の大安の日に飾る

縁起をかついで、4月の最初の大安の日に飾るという方もいらっしゃいます。

ですが、特に決まっていないので、都合のいい日を選んで飾りつけをしてください。

早めに飾ると、長く楽しめます。

スポンサーリンク

兜はいつしまうの?

端午の節句が過ぎてしまうと飾る意義も薄れます。

兜やこいのぼりは、だいたい5月の中旬頃までに片付けます。

雛人形のように、慌てて片付けなくても大丈夫です。

縁起をかついで、大安の日に片付けるという方もおられます。
(友引でもいいそうですよ)

また、一旦片付けると、一年間保管することになります。

天気のいい日に、ほこりや湿気を取り除いてから片付けるようにしましょう。

できるだけ、雨の日や湿度の高い日は避け、空気が乾いた天気の良い日に片付けることをおすすめします。

埃や湿気を取り除くと、金属部分の劣化も抑えることができますし、布の部分のカビの発生も防げますから。

こいのぼりを楽しむ

端午の節句 いつ

端午の節句が近づくと、こいのぼりがはためきます。

大きなこいのぼりを見るのは、地方の大きなおうちが多いです。

屋根より高い鯉のぼり~♪と歌われますが、最近は大きなこいのぼりをあまり見かけなくなりました。

私が子供の頃には、確かに大きなこいのぼりを立てているお宅がありましたね。

今はマンションや敷地いっぱいの建売住宅が増えて、庭がない家が多くなりました。

男の子が生まれたら、その子の名前が入った幟(のぼり)を立てます。

うちの孫が生まれた年に、よその家で幟が立っているのを見ました。

幟はたいてい、田舎の大きなお家の敷地内にあります。

ここも、男の子が生まれたんだなぁと、親近感を覚えましたよ。

うちは兜を贈ったので大きなこいのぼりがなかったのですが、孫のお姉ちゃんが保育園でこいのぼりを作ってきてくれました。

こいのぼりの歌

屋根より高い 鯉のぼり

大きい真鯉は お父さん

小さに緋鯉は 子供たち

面白そうに 泳いでる~♪

参照元:http://youty.be/ORO9_KMVy44

で、気が付いたのですが、お母さんがいません。

私が特に好きな歌はこちら

甍(いらか)の波と 雲の波

重なる波の 中空(なかぞら)を

橘(たちばな)かおる 朝風に

高く泳ぐや 鯉のぼり~♪

参照元:http://youty.be/ORO9_KMVy44

元気に泳ぐ鯉のぼりが目に浮かびます。

子供が元気に成長していくのを願った歌だと思います。

初節句の赤ちゃんを、しっかりとお祝いしてあげましょう。

端午の節句 いつ まとめ

こどもの日は、昔は端午の節句と呼ばれていました。

男の子の初節句を祝い、元気に成長していくことを願います。

兜やこいのぼりを飾り、端午の節句にちなんだお料理でお祝いしてあげましょう。

初節句を祝い、毎年こいのぼりを出してあげると、大きくなるにつれて子どもが自分のこいのぼりを喜ぶようになります。

幸せな子ども時代を過ごさせてあげると、いい子に育ちますよ。

端午の節句 関連記事

端午の節句の菖蒲の飾り方は?菖蒲の花や由来、菖蒲湯(風呂)について

端午の節句の兜は誰が買うの?価格は?今はおしゃれな兜が人気です♪

端午の節句の食べ物には何があるの?お祝い料理と離乳食を作ります

端午の節句のおすすめちまきレシピ!ちまきの由来と食べる意味とは?

五月人形を処分する方法と時期を教えてください!無料でできますか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。