たるみ用美顔器のおすすめ!それともレーザーやリフトアップで引き上げる?

たるみ 美顔器

50歳を過ぎると肌のハリがなくなり、たるみが気になりはじめます。

私自身、40代ではまだまだ30代の若さを引きずっていましたし、ほうれい線は気になっていてもたるみが気になることはありませんでした。

しかし、50歳を超えると「たるみ」が顔に現れてくるんです。

ほうれい線はもちろんハッキリと出るし、頬が垂れ下がり気味になり、ブルドック顔に!

私の友人は、お金を貯めて美容クリニックで糸を入れてもらうと言っていました。
その気持ち、よくわかります。

でも、数年で再手術が必要になることを忘れてはいけません。
再手術が必要になる頃には、怖いくらい肌がゆるむそうですよ。

私がおすすめするのは、たるんだ肌にハリを与えてくれる美顔器です。

肌にハリが出ると、フェイスラインが締まって若々しい印象になります。

糸を入れるつもりなら、その前に美顔器を試してみても後悔はしませんよ~

私はハリを与えてくれる美顔器でお手入れをしたら、ブルドック顔に変化が現れました。

スポンサーリンク

たるみのための美顔器とは?

たるみ 美顔器

あなたはたるみを改善したいと思いませんか?

私は一時期、ほおのたるみが年々加速していき、鏡をみるのもイヤになってしまいました。

頬が垂れて、まるでブルドックのような顔になりかけていたんです。
無意識に、鏡から目を背けていました。

年齢を重ねてからのたるみは厄介です。
体操やエクササイズだけでは、もう無理なんですよね。

もし、あなたが私の友人のように、美容整形で糸を入れたいと考えているならNEWAリフト(ニューアリフト)で肌にハリを呼び戻してみませんか?

たるみ 美顔器

NEWAリフト(ニューアリフト)の効果とは?

たるみ 美顔器

ニューアリフトはサブマイクロ波の機能を搭載し、「肌のひきしめ」のためだけに特化した美顔器です。

ニューアリフトは、サブマイクロ波を当てることで、美容クリニックで行われている人気の施術「サーマクール」と同じ効果を期待できます。

サーマクールもニューアリフトも、RFの熱の作用でコラーゲン線維が収縮・活性化し、新しく増殖するため、肌のハリ回復が期待できます。

その結果、フェイスラインがスッキリとして小顔効果が得られるんです。

ニューアリフトは若い人より年齢が高い人のほうが、効果が目に見えてわかります。

反対に、若い方はまだまだ肌のたるみ方がゆるやかなので、ニューアリフトの効果にピンとこないかもしれません。

50代になり、たるみが目立ち始めた方ほど、ニューアリフトの効果が実感できます。

45歳を過ぎると、まるでジェットコースターが駆け降りるように、肌の老化が加速していきますよ。

じきに、ニューアリフトのありがたさがよく理解できる年頃になります。(コワイ!)

私は60代になってから、ニューアリフトを使い始めました。

だから、そのありがたさを肌で実感したんです。

ニューアリフトの結果

たるみ 美顔器

50代になると顔のたるみがとても気になってきます。

40代で顔の輪郭がぼやけてきますが、年齢が進むともっとダイレクトにたるんでくるんですね。

口元や、ほほのたるみがひどくなってきて、大げさにいうならブルドックです。

こんなブルドック顔に悩んでいる50代60代はたくさんいるんです。
私もその中の一人ですから。
でも、あきらめることはありませんよ。

私は美顔器を使った後の写真を娘に見せたときに、メチャクチャ驚かれました。

自分でも衝撃でしたけど(笑)
↓↓↓↓
私のハリが復活した画像です!

たるみ 美顔器

ニューアリフトはサブマイクロ波(RF)の美顔器です。

美容整形のサーマクールと同じ効果が得られるんですが、こんなにあからさまに効果が出るなんて、自分でもビックリでした。

肌にハリが出て、それだけでも若く見えるんですよね。

でも、ニューアリフトでお手入れを始めてから肌にハリが出て、すっかり若く見てもらえるようになりました。

オシャレをすると、幼い孫が「おばあちゃん、かわいい。」と言ってくれます。

この子が大きくなるまで、かわいい状態を保ちたいなぁ・・・
これも、ニューアリフトのおかげですよ。

NEWAリフト 美容クリニックの治療が家でもできる

ニューアリフトとサーマクールの比較

たるみ 美顔器

ニューアリフトはサーマクールと同じ機能を持った美顔器です。

もし、サーマクールを美容クリニックで受けようと考えているなら、ニューアリフトがおすすめです。

サーマクールとは
サーマクールとはアメリカで研究・開発された、しわ・たるみ治療器です。
メスを使わない『プチ整形』の治療感覚で日帰り治療が可能です。

たるみに対して効果が期待できるという点で非常に人気のある治療方法です。
NEWAリフトは美容クリニックのサーマクールと同じ仕組みで肌にハリを与えてくれます。

サーマクールはRF(高周波)の性質を利用して、表皮を傷つけることなく真皮に直接働きかけて、効果的なたるみ改善が行える人気のリフトアップ治療です。

たるみ 美顔器

サーマクールは、たとえて言うなら電子レンジだそうです。
肌の表面は変わらないのに、中を温めることができる技術です。

サブマイクロ波は体内で熱に変化します。
これを照射することで肌の組織をギュッと引き締めることができるんです。

たるみ 美顔器

サブマイクロ波の熱で軽いやけど状態になった肌の内部が、自分で肌を回復させようとして、コラーゲンをたくさん作り出します。

その結果、肌のハリがよみがえって若々しい印象の肌になれるんですね。

リフトアップの仕組みや効果についてはいえば、サーマクールとニューアリフトは同じなので、家庭用美顔器でこのような機能が搭載されたニューアリフトはスゴイと思います。

最新のサーマクールはずいぶんと痛みが軽くなっているそうですが、以前は相当痛かったらしいです。

その点、ニューアリフトは全く痛みがありませんので安心ですよ。

たるみ 美顔器

ニューアリフトの公式サイトから引用

サーマクールを受けると、個人差があるのですが、3~6ヶ月間リフトアップ効果が持続します。
つまり、若返り効果の持続のためには、半年後にまた施術を受ける必要が出てくるんです。

6ヶ月経つと急激なタルミがおこり、サーマクールをやるまえよりも弛んでしまったという方もいらっしゃるようです。
だから、一度やるとやり続けなければいけません。

サーマクールはかなりの費用がかかります。
きちんとしたクリニックだと15万円くらいから。

使い捨てのチップを使い回ししたり、中国製の粗悪なチップを使ったりと、きちんとしていないクリニックが話題になったこともあります。

1回15万円だとしても、半年後にはまた同額の費用が必要になるということですね。

その点、ニューアリフトは家庭用美顔器なので、好きなときにお手入れできますし、一度購入すれば、サーマクールのような高額な費用は掛かりません。

たるみ 美顔器

たるみを引き上げる美容整形

たるみ 美顔器

私の友人は、お金を貯めて糸を入れるリフトアップを受けるつもりのようです。
ほうれい線や頬のたるみを一気に解消したいんだそうです。

確かに、即効性があるようですが、頬に糸を入れても数年後にはメンテナンスをしなければならないんですよね。

それに、たるみを引っ張り上げたとしても、肌にハリが出るわけではありませんから。
数年後には施術前より肌がゆるむと聞きました。

若返り効果の持続のためには、糸を入れ替えて、さらにたるみを引き上げなければなりません。

リフトアップの美容整形はデメリットもあるし、お医者さまの腕にもよります。
なので、友人にはニューアリフトをすすめているところです。

NEWAリフト 美容クリニックの治療が家でもできる

まとめ

ニューアリフトは家庭用美顔器ですので、週に2~3回くらいお手入れを続けていくことになります。

痛みもダウンタイム(美容整形後に元の状態にもどれるまでの期間)もないので、楽に続けられるんです。

私は現在、週に1回のお手入れで、肌のハリを持続しています。
自分で言うのもなんですが、64歳の肌には見えません。
知り合った方に60代だというと、驚かれますよ。

一気にたるみをなくそうとしても、無理があります。

一時的な対処法より、美顔器を使った日々の積み重ねの方が効果は大きいと思いますよ。
なにより、安全です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です